ザ ヴィリディアン、2020年春夏メンズコレクション 黒に染めた“静かな服”

2019年9月18日 08:47

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 ザ ヴィリディアン(The Viridi-anne)は2020年春夏メンズコレクションを発表した。

■「インサイレンス」“静かな服”を

 今季のテーマは「インサイレンス(INSILENCE)」。ザ ヴィリディアンが求めたのは“静寂”を纏った服だ。ブランドの根幹である“黒”の色使いをベースに、現代の主流になっているグラフィックやロゴを多用するストリートスタイルに対抗するような、シンプルかつ洗練されたピースを展開していく。

■カラーパレットの主流は“黒”

 これまでと同様に、コレクションを構成するアイテムの殆どを“黒”で構成。使われる他の色やパターンも数種類のみ。徹底的に無駄を排除することで静かで落ち着いた表情を生みだしていく。

■個性を生み出す素材とディテール、アクセントカラー

 本来、服を構成する要素を減らす過程で失われていくはずの個性だが、ザ ヴィリディアンはそれを巧みに素材やディテールで補填している。まるでレーヨンの様な質感のコットン生地のシャツや、袖口から脇に至るまでジップを配したレザージャケットはその好例だ。

 黒が席巻する中で、ホワイト、グレーと並んでアクセントとなっているのがブルー。深くトーンダウンした色味でカットソーやレザージャケットに用いられた。その他、コレクションを彩るピースとして、スペインの画家であるパトリシア・マーチが描き下ろしたモチーフを配したシャツなどをラインナップする。

■高い機能性のアクティブなウェアも

 また、ブランドが重視しているのはルックスだけではない。散見されるスポーティーなウェアは、実際にアクティブなシーンで着用できるようにと機能面にも拘った。シースルーに見える、パッカブルのメッシュブルゾンには防水加工を施しており、手荷物に忍ばせておけば雨天時に活躍してくれる。

 ギア感のあるマウンテンパーカーも目を惹く一着。止水ジッパーや腰部分のバックルなどハイスペックなディテールはデザインのアクセントにもなっている。

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワードザ ヴィリディアン(The Viridi-anne)2020年春夏コレクション

広告