英ポンド週間見通し:底堅い値動きか、英首相とEU側の会談結果が手掛かり材料に

2019年9月14日 15:16

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*15:16JST 英ポンド週間見通し:底堅い値動きか、英首相とEU側の会談結果が手掛かり材料に
■上昇、英議会はEUからの離脱期限延期要請を可決

先週のポンド・円は上昇。ジョンソン英首相は9月13日、欧州連合(EU)離脱を巡って、「欧州と合意することに慎重ながらも楽観的」と語ったことから、リスク選好的なポンド買い・円売りが活発となった。ジョンソン首相は16日に欧州委員会のユンケル委員長とEU側のバルニエ首席交渉官と会談するが、英国側が検討している方策についてEU側の承認が期待されており、リスク回避目的のポンド売りポジションを縮小する動きが観測された。取引レンジ:130円81銭−135円22銭。

■底堅い値動きか、英首相とEU側の会談結果が手掛かり材料に

今週のポンド・円は底堅い値動きか。16日に行われるジョンソン首相と欧州委員会のユンケル委員長、EU側のバルニエ首席交渉官との会談が注目されそうだ。英国側が検討している方策についてEU側が大筋で認めた場合、ポンド買い・円売りは継続する可能性がある。

○発表予定の英主要経済指標・注目イベント
・18日:8月消費者物価コア指数(7月:前年比+1.9%)
・19日:8月小売売上高(7月:前月比+0.2%)
・19日:英中央銀行が金融政策発表(現状維持の予想)

予想レンジ:133円50銭−136円50銭《FA》

広告

広告

写真で見るニュース

  • フランクフルトモーターショーで話題となったフォルクスワーゲン・ID.3(画像: フォルクスワーゲン発表資料より)
  • 自動手荷物預け機のイメージ。(画像: 日本航空の発表資料より)
  • 「ザ・コラーゲン B-Shot」(画像: 資生堂の発表資料より)
  • 第46回東京モーターショーでダイハツが出展する予定のコンセプトカー「WakuWaku(ワクワク)」(画像: ダイハツ工業の発表資料より)
  • 2020年2月にヴィッツから改名されて発売されるトヨタ・ヤリス(画像: トヨタ自動車発表資料より)
  • 撮影された全天球画像を平面図に置き換えたもの。(c) JAXA
  • 導入される次世代型電動車いすのイメージ。(画像: JALの発表資料より)
  • ボディ用とガラス・内装用を使い分ける©sawahajime
 

広告

ピックアップ 注目ニュース