安楽亭、グループ初の食べ放題専門店「えんらく」オープン 東京・足立区で

2019年9月14日 11:47

小

中

大

印刷

えんらく 環七梅島店。(画像:安楽亭発表資料より)

えんらく 環七梅島店。(画像:安楽亭発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

  • わくわくBAR。(画像:安楽亭発表資料より)

 安楽亭は、新ブランド「えんらく」の1号店を9月5日、東京都足立区にオープンした。店名は「えんらく 環七梅島店」で、安楽亭グループとしては初の食べ放題専門ブランドとなる。

【こちらも】6年ぶり制服更新に込めた日本マクドナルドの決意

 近年、焼肉店に占める食べ放題店のウェイトは重みを増しつつある。その主なターゲットは健啖な若い客と、人数の多いファミリー層である。

 いっぽう、シニア客や1人客にも焼肉食べ放題へのニーズというものはある。ただ、食べ放題店のメニューというのは1品ごとの分量が多いというのが一般的であり、それらのニーズを適切に掘り起こしてはこれなかったという。そこでえんらくは、要望に応じて1品の分量を少なくすることができる「ハーフモード」を導入し、色々なメニューを少しずつ楽しみたいというニーズに応えた。

 このハーフモードの導入により、若い客やファミリー層は当然として、シニア層や1人客にも入りやすい食べ放題焼肉店を実現したという。

 また、えんらくのコンセプトは「自然派」。それは「やさしさ」というニュアンスでもあり、成型肉や結着肉を使用せず100%無添加自然肉のみを使用しているということを意味してもいる。タレも、香料保存料合成着色料などを一切使わない無添加のやさしいタレとなっている。

 肉のカットは工場ではなく店舗で行い、提供の鮮度にこだわっている。スープも出来立てを提供するべく注文後に1品ずつ料理する。美味しさへの手間を惜しまず、食べ放題ながらも味の質の高い商品を提供していきたいとのことだ。

 また、ファミリー向けのアピールとして、ソフトクリーム、わたがし、ポップコーン、かき氷などが取り放題の「わくわくBAR」も新たに設置されている。(記事:藤沢文太・記事一覧を見る

広告

広告

写真で見るニュース

  • 新開発の油冷エンジンを搭載した「ジクサー SF 250」(画像: スズキの発表資料より)
  • ミズー川崎水族館のイメージ(住商アーバン開発など発表資料より)
  • ビル警備の実証実験に使われるAIロボット「ugo」(画像は大成の発表資料より)
  • 新型レヴォーグのプロトタイプ(画像: SUBARUの発表資料より)
  • アルマ望遠鏡で撮影された2つの分子雲の疑似カラー合成図。赤色と緑色がそれぞれ、速度が異なる一酸化炭素の同位体分子13COからの電波を表す。左図の青色はハッブル宇宙望遠鏡により観測された水素電離ガスの分布を示し、右図の青色は波長1.3ミリメートル帯の濃いガスに含まれる塵からの電波を示す。2領域とも、フィラメントが集合している「かなめ」(図で青色に示している部分)の位置に大質量星が存在する。(c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO)/Fukui et al./Tokuda et al./NASA-ESA Hubble Space Telescope)
  • 「シビック ハッチバック」と「シビック セダン」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 11月29日に開業するブランチ大津京(大和リース発表資料より)
  • スイフトの特別仕様車「HYBRID MGリミテッド」(画像: スズキ発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース