知的財産高等裁判所にて、MTGの申立てを相当と認める

2019年9月12日 09:38

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

 MTG<7809>(東マ)は、株式会社ファイブスター (本社:大阪府大阪市)に対し、特許権侵害に基づき「ボディシェイプローラー スリムシャイン4」の製造・販売等の差止め、及び、損害賠償請求の支払いを請求していた。

 このたび、知的財産高等裁判所にて、MTGの申立てを相当と認め、製造・販売等の差止め、及び、損害賠償金1119万2585円の支払いを認める判決が下され、確定した。

 ブランド開発カンパニーであるMTGは、消費者や、技術者の努力を守るため、これまでに2800件を超える知的財産権の出願をしている。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR

【関連記事・情報】
加賀電子は下値固め完了、20年3月期減益予想だが1Q大幅増益(2019/08/20)
三洋貿易は調整一巡、19年9月期2桁増益・大幅増配予想で3Q累計順調(2019/08/19)
【特集】秋相場のテーマ株に浮上するかもしれない注目銘柄とは!?(2019/09/02)
【特集】福岡証券取引所で全国区人気株に大変身する銘柄はこれだ!(2019/08/26)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

広告

広告

写真で見るニュース

  • ビル警備の実証実験に使われるAIロボット「ugo」(画像は大成の発表資料より)
  • 新型レヴォーグのプロトタイプ(画像: SUBARUの発表資料より)
  • アルマ望遠鏡で撮影された2つの分子雲の疑似カラー合成図。赤色と緑色がそれぞれ、速度が異なる一酸化炭素の同位体分子13COからの電波を表す。左図の青色はハッブル宇宙望遠鏡により観測された水素電離ガスの分布を示し、右図の青色は波長1.3ミリメートル帯の濃いガスに含まれる塵からの電波を示す。2領域とも、フィラメントが集合している「かなめ」(図で青色に示している部分)の位置に大質量星が存在する。(c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO)/Fukui et al./Tokuda et al./NASA-ESA Hubble Space Telescope)
  • 「シビック ハッチバック」と「シビック セダン」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 11月29日に開業するブランチ大津京(大和リース発表資料より)
  • スイフトの特別仕様車「HYBRID MGリミテッド」(画像: スズキ発表資料より)
  • 画像はイメージです。
  • Mercedes AMG A 45 S 4MATIC+edition1限定車(画像:メルセデスベンツ日本発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース