知的財産高等裁判所にて、MTGの申立てを相当と認める

2019年9月12日 09:38

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

 MTG<7809>(東マ)は、株式会社ファイブスター (本社:大阪府大阪市)に対し、特許権侵害に基づき「ボディシェイプローラー スリムシャイン4」の製造・販売等の差止め、及び、損害賠償請求の支払いを請求していた。

 このたび、知的財産高等裁判所にて、MTGの申立てを相当と認め、製造・販売等の差止め、及び、損害賠償金1119万2585円の支払いを認める判決が下され、確定した。

 ブランド開発カンパニーであるMTGは、消費者や、技術者の努力を守るため、これまでに2800件を超える知的財産権の出願をしている。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR

【関連記事・情報】
加賀電子は下値固め完了、20年3月期減益予想だが1Q大幅増益(2019/08/20)
三洋貿易は調整一巡、19年9月期2桁増益・大幅増配予想で3Q累計順調(2019/08/19)
【特集】秋相場のテーマ株に浮上するかもしれない注目銘柄とは!?(2019/09/02)
【特集】福岡証券取引所で全国区人気株に大変身する銘柄はこれだ!(2019/08/26)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

広告