ウエスタンデジタル、2020年に容量の20テラバイトのHDDを発売予定

2019年9月11日 20:57

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 Anonymous Coward曰く、

 ウエスタンデジタルから2020年上半期に容量18TBのCMR(従来型磁気記録)採用HDDと、容量20TBのSMR(瓦磁気記録)採用HDDを投入すると発表したPC Watch)。

 いずれもヘリウム充填タイプでプラッタ数は9枚。「エネルギーアシスト磁気記録テクノロジー」も採用しているという。

 スラドのコメントを読む | ハードウェアセクション | テクノロジー | ハードウェア | ストレージ

 関連ストーリー:
2023年でもSSDの容量単価はHDDの7.7倍との予測 2019年02月08日
HDD復活への道 2019年01月10日
SMR(シングル磁気記録)採用HDDでも一般用途ならパフォーマンス問題はほぼ発生しない 2018年12月05日
HGSTの「瓦記録方式HDD」、文部科学大臣賞を受賞 2018年04月18日
HDDの需要は3年連続でマイナス成長 2018年03月15日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードWestern Digital

広告

広告

写真で見るニュース

  • 中性子星と発せられたパルサーの想像図 (c) B. Saxton (NRAO/AUI/NSF)
  • 第2ターミナルの内部。(画像: 中部国際空港の発表資料より)
  • ケニアでの実証実験に使われる産業用無人ヘリコプター「フェーザーR 
G2」(画像:ヤマハ発動機の発表資料より)
  • 季節に合わせたタイヤ選びが重要
  • HD140283 (c) Digitized Sky Survey (DSS), STScI/AURA, Palomar/Caltech, and UKSTU/AAO
  • (c) 123rf
  • 使用イメージ。(画像: サンワサプライの発表資料より)
  • 双子原始星からのふぞろいな分子流と円盤の想像図 (c) 国立天文台
 

広告

ピックアップ 注目ニュース