株価大幅上昇の三井住友フィナンシャルGを対象とするコールが前日比2倍越え(11日10:00時点のeワラント取引動向)

2019年9月11日 11:11

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*11:11JST 株価大幅上昇の三井住友フィナンシャルGを対象とするコールが前日比2倍越え(11日10:00時点のeワラント取引動向)
新規買いは原資産の株価上昇が目立つブイ・テクノロジー<7717>コール47回 10月 7,000円を順張り、三菱UFJフィナンシャル・グループ<8306>コール290回 11月 630円を順張り、 JXTGホールディングス<5020>コール56回 2月 500円を順張りで買う動きや、
原資産の株価下落が目立つデジタルガレージ<4819>コール54回 11月 4,100円を逆張り、リログループ<8876>コール18回 10月 3,000円を逆張り、グレイステクノロジー<6541>コール9回 12月 3,600円を逆張りで買う動きなどが見られる。

手仕舞い売りとしてはアンリツ<6754>コール13回 1月 2,200円、スズキ<7269>コール37回 10月 5,000円、昭和電工<4004>コール22回 10月 4,000円、三井金属鉱業<5706>コール22回 10月 3,000円、日東電工<6988>コール146回 10月 6,000円などが見られる。

上昇率上位は三井住友フィナンシャルグループ<8316>コール288回 10月 4,200円(前日比2.5倍)、三菱UFJフィナンシャル・グループコール289回 10月 600円(前日比2.2倍)、第一生命ホールディングス<8750>コール94回 10月 1,650円(+98.2%)、JT<2914>コール142回 10月 2,600円(+80.0%)、三菱UFJフィナンシャル・グループコール290回 11月 630円(+78.3%)などとなっている。

(eワラント証券投資情報室)《HH》

広告