日本がミャンマーに2-0 白星で発進 サッカーW杯2次予選

2019年9月11日 08:14

小

中

大

印刷

 10日、カタールW杯サッカー・アジア地区2次予選の初戦となるミャンマー戦が、ミャンマー・ヤンゴンで行われ日本が2-0で勝利した。雨の影響でピッチコンディションの悪い中、世界ランク135位の格下相手に落ち着いた試合運びを見せ、アジア2次予選を白星でスタートした。

 日本は前半の早い時間に2点を先行し主導権を握ると、ミャンマーのシュートをわずか2本に抑えたが、今後の予選に向け得点力不足に課題は残した。

 試合は序盤から日本がボールをキープしミャンマーゴール前に攻め込む。前半16分、日本は中島翔哉が左サイドで冨安健洋からのパスを受けると、ドリブルでPA手前まで進入、そのまま放ったドライブシュートがGKの頭上を越え先制する。

 前半26分、日本はゴール前で大迫勇也が落としたボールを堂安律がゴール正面からシュートを放つも、GKにセーブされる。このこぼれ球を堂安が拾ってゴール前に浮き球を送ると、これに反応したフリーの南野拓実がヘッドで合わせて追加点を奪う。

 後半19分、日本は大迫が落としたボールを柴崎岳がボレーシュートするも、バーを直撃、こぼれ球からさらに堂安、中島が立て続けにシュートを放つもDFに防がれる。後半26分には、伊東純也が吉田麻也のロングフィードに追い付きGKと1対1になるも、ループシュートを防がれる。

 後半31分、日本は南野に代えて鈴木武蔵、後半36分には中島に代えて久保建英を投入、なかなか奪えない追加点を狙うがそのまま終了した。久保は日本のW杯予選史上最年少出場を果たした。

関連キーワードミャンマーサッカー久保建英堂安律柴崎岳鈴木武蔵大迫勇也

広告

広告

写真で見るニュース

  • 新開発の油冷エンジンを搭載した「ジクサー SF 250」(画像: スズキの発表資料より)
  • ミズー川崎水族館のイメージ(住商アーバン開発など発表資料より)
  • ビル警備の実証実験に使われるAIロボット「ugo」(画像は大成の発表資料より)
  • 新型レヴォーグのプロトタイプ(画像: SUBARUの発表資料より)
  • アルマ望遠鏡で撮影された2つの分子雲の疑似カラー合成図。赤色と緑色がそれぞれ、速度が異なる一酸化炭素の同位体分子13COからの電波を表す。左図の青色はハッブル宇宙望遠鏡により観測された水素電離ガスの分布を示し、右図の青色は波長1.3ミリメートル帯の濃いガスに含まれる塵からの電波を示す。2領域とも、フィラメントが集合している「かなめ」(図で青色に示している部分)の位置に大質量星が存在する。(c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO)/Fukui et al./Tokuda et al./NASA-ESA Hubble Space Telescope)
  • 「シビック ハッチバック」と「シビック セダン」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 11月29日に開業するブランチ大津京(大和リース発表資料より)
  • スイフトの特別仕様車「HYBRID MGリミテッド」(画像: スズキ発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース