みずほシステム統合、国内ITベンダーの約1割に当たる「約1000社」参加

2019年9月10日 09:24

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 みずほ銀行のシステム統合に関わったITベンダーは約1000社にも上るそうだ。情報通信業を行う日本の企業数は2015年度調査で9806社とのことで、日本のITベンダーの1割が関わったことになるという(日経xTECH)。

 内訳は一次委託先が70〜80社、2次、3次委託先が900社強。また、「トップマネジメント定例」には富士通や日立製作所、日本IBM、NTTデータなど16社が参加、この16社が全体開発工数の75%を占めたという。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | ビジネス | ニュース | IT

 関連ストーリー:
みずほ銀行・みずほ信託銀行、新勘定系システム全面稼働開始 2019年07月16日
複数の銀行でネットバンキング障害、GW明けでアクセスが集中か 2019年05月09日
みずほフィナンシャルグループ、来年にも独自の電子マネーを発行との報道 2018年12月28日
銀行間振り込みの24時間365日運用が始まる 2018年10月11日
みずほFGのシステム移行、初回作業では大きなトラブルはなし 2018年06月11日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード日立製作所富士通IBMみずほ銀行NTTデータ

関連記事