悪霊呼び出すと悪魔祓いが助言 『ハリー・ポッター』が図書館から排除

2019年9月10日 08:37

小

中

大

印刷

 映画シリーズも大ヒットした『ハリー・ポッター』が、エクソシストの助言によりアメリカで学校図書から排除され、話題となっている。

 この出来事は、アメリカ・テネシー州ナッシュビルにあるカトリック系の学校で起きた。排除の理由は、エクソシストらの「同作の中で本物の呪いや呪文が使われている」との助言を受けた、神父の懸念が切っ掛けのようだ。

■本物の魔法陣や呪文理由に『ハリー・ポッター』が図書館から消える

 CNNなどの報道によると、テネシー州ナッシュビルにあるカトリック系の学校セント・エドワード・カトリック・スクールでは、エクソシスト(悪魔祓い)の助言を受けた神父により、学校図書から『ハリー・ポッター』シリーズの排除を勧められたという。

 神父は、ハリー・ポッターの作中では、「本物の呪いや呪文」が使われており、「読み上げると悪霊を呼び出したり、人の心に入り込む恐れがある」ことを理由としている。

 AFP通信によると、ナッシュビル・カトリック司教育管区の教育長は、地元紙に対して、同神父には「そのような(同書の排除を)決定を行う権限がある」と述べたという。同校では今まで『ハリー・ポッター』シリーズの本を収蔵してきたが、これにより新たに開設された図書館では、生徒の閲覧ができなくなるようだ。

 小説はもとより、映画、ゲーム、テーマパークのアトラクションなど、日本にもファンが多い世界的ヒット作『ハリー・ポッター』シリーズ。実はこの『ハリー・ポッター』シリーズ、本文中で描かれる敵=悪魔への崇拝や、黒魔術を推奨しているのではとの懸念から、アメリカのみならず舞台のイギリスの学校でも幾度となく"禁止"とされてきた経緯がある。

 日本人にとっては不思議に思うかも知れないが、キリスト教信者にとっては悪魔信仰や魔法による死者の蘇生は、それこそ国をも揺るがす大事件であるのだ。

 英国の女流作家J・K・ローリングが、英国を舞台に綴った物語『ハリー・ポッター』。恐ろしい魔法が解けたなら、子供たちが待つ図書館へと戻る日が来るのか気になるところだ。(記事:高塔・記事一覧を見る

関連キーワードアメリカイギリスハリー・ポッター

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • ビル警備の実証実験に使われるAIロボット「ugo」(画像は大成の発表資料より)
  • 新型レヴォーグのプロトタイプ(画像: SUBARUの発表資料より)
  • アルマ望遠鏡で撮影された2つの分子雲の疑似カラー合成図。赤色と緑色がそれぞれ、速度が異なる一酸化炭素の同位体分子13COからの電波を表す。左図の青色はハッブル宇宙望遠鏡により観測された水素電離ガスの分布を示し、右図の青色は波長1.3ミリメートル帯の濃いガスに含まれる塵からの電波を示す。2領域とも、フィラメントが集合している「かなめ」(図で青色に示している部分)の位置に大質量星が存在する。(c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO)/Fukui et al./Tokuda et al./NASA-ESA Hubble Space Telescope)
  • 「シビック ハッチバック」と「シビック セダン」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 11月29日に開業するブランチ大津京(大和リース発表資料より)
  • スイフトの特別仕様車「HYBRID MGリミテッド」(画像: スズキ発表資料より)
  • 画像はイメージです。
  • Mercedes AMG A 45 S 4MATIC+edition1限定車(画像:メルセデスベンツ日本発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース