京都アニへの寄付、京都府の義援金配分委員会に移管へ

2019年9月7日 12:07

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 京都アニメーション第1スタジオでの放火殺人事件では多数の死傷者が出たが、京都アニメーションが9月6日、京都府に設置された義援金配分委員会が被害者への寄付などを取りまとめることを発表した。すでに京都アニメーションの支援金預かり口座に集められた支援金についても義援配分委員会に移管される(京都アニメーションの発表産経新聞日経新聞)。

 集められた寄付は委員会が被害者に配分する。また寄付は地方自治体(京都府)への寄付という扱いとなり、寄付者は税控除などが受けられる。すでに寄付を行った人に対しては、手続きを行うことで税制上の優遇措置を受けられるとのこと。

 スラドのコメントを読む | 日本 | ニュース | アニメ・マンガ | 政府

 関連ストーリー:
政府、京アニへの寄付を「地方公共団体への寄付金」に位置付け税務上の優遇措置を受けられるよう検討 2019年08月22日
京大防災研、京アニ放火火災の分析結果速報を公開。出火から30秒程度で生死が決まる厳しい状況 2019年08月05日
京都アニメーション放火事件でサーバーから原画を含む全データが回収される 2019年07月31日
放火被害の京アニ第1スタジオ、建物や設備に消防法令状の問題はなく防火・防災に熱心な事業所として表彰されていた 2019年07月25日
京都アニメーションのスタジオで火災、負傷者多数 2019年07月18日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード京都府