エムスリー、太陽誘電、カカクコムなど(訂正)/本日の注目個別銘柄

2019年9月5日 17:34

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


下記のとおり修正します。
(誤)<7729> 東精密 3090 +1950
(正)<7729> 東精密 3090 +195

<2413> エムスリー 2455 +223急伸で年初来高値を更新。前日に日経平均の定期入れ替えが発表され、同社の新規採用、東京ドームの除外が決定した。9月30日の大引けでインデックスリバランスが発生し、大和証券では約28日分の買いインパクトが発生すると試算。インデックス買い需要を先取りする動きが優勢となった。新規採用候補銘柄は複数あったが、なかでも同社を有力視する声は多かった。一方、除外となった東京ドーム<9681>は売り優勢に。

<6701> NEC 4650 +135続伸。上半期営業益は350億円程度となり、前年同期比2.5倍との観測報道が伝わった。上半期としては7年ぶりの水準。構造改革効果による固定費の削減進展が利益押し上げ要因となるが、システム開発やパソコンの置き換え需要の増加も寄与しているもよう。第1四半期から収益は大きく改善、観測数値自体にサプライズはないが、これまで着地は観測数値からの上振れが目立っており、さらなるコンセンサスの切り上がりにも。

<6266> タツモ 1096 +144急騰。18年11月以来の株価4ケタ回復となっている。「世紀の空売り」でも取り上げられたヘッジファンド投資家のマイケル・バーリ氏率いるサイオン・アセット・マネジメントが5.1%の株式を保有していると、前日に一部で伝わっている。「対象とする市場の潜在力を高めるため、自社事業に投資する必要がある」などとの見方も示されており、今後の株主価値向上策につながっていくとの思惑など先行のもよう。

<7729> 東精密 3090 +1950急伸。半導体関連株の堅調な動きに加えて、岡三証券が投資判断を「中立」から「強気」に格上げしていることも買い材料視されている。岡三証券では、半導体製造装置の受注高は、ファウンドリやロジック向けなどで下期からの受注増加を見込むほか、メモリ関連投資の緩やかな改善を想定としている。現在の株価に割安感があるとして、目標株価は3300円としているようだ。

<4689> ヤフー 286 +5続伸。前日に発表した自己株式の消却が好材料視されている。消却する株式数は発行済み株式数の27.5%に当たる18億4227万3100株、消却予定日は9月30日としている。一株当たりの価値に変化はないものの、将来的な売り出しによる希薄化や需給悪化につながるリスクが消滅することになり、株主還元の一環としてポジティブに捉える動きが優勢に。

<2371> カカクコム 2464 -140急落。日経平均新規採用候補の一つとみられていた銘柄だが、採用見送りとなったことで、失望売りが優勢になっている。採用期待も併せて、8月以降の上昇率は一時18%程度にまで達していた。同社のほか、任天堂<7974>やZOZO<3092>なども採用見送りによる失望売りが先行とみられる。一方、除外候補で継続採用となった日本化薬<4272>には買いが先行する展開に。

<7455> 三城HD 300 +32急伸。前日発表の自社株買いの実施が好感されている。発行済み株式数の0.98%に当たる50万株、1.5億円を上限としており、取得期間は9月5日から12月30日までとしている。同社の自社株買いは17年2月から12月にかけて50万株超の取得を実施して以来となる。自社株買いの規模は限定的であるが、株価が安値圏にあり、信用取組なども大幅な売り長状態となっていることから、ポジティブな反応が強まる形にも。

<5631> 日製鋼所 2030 +127急伸。SMBC日興証券では投資判断「1」を継続で、目標株価を2600円から2800円に引き上げている。産業機械事業の収益性前提を上方修正、20年3月期営業利益を216億円から230億円に上方修正、会社計画190億円は保守的としている。また、新しい生産ライン受注実現見込みなどにより、足元で大きく減少していた中国セパレータメーカー向けフィルム・シート装置の受注も今後は徐々に回復するものと予想。

<6976> 太陽誘電 2199 +133急伸。米アップルが「iPhone」の価格を抑えた新製品を2020年春にも発売することが明らかになったと報じられている。液晶パネルを使って最新機種より画面を小さくするもようで、16年に発売した「SE」の後継機という位置づけとなるようだ。アップル関連とされる国内電子部品大手で高いものが目立つ。米中貿易協議の10月開催が伝わっていることなども支援材料に。《US》

広告