ファーウェイ、ロシア向けにタブレット提供か OSは「Aurora OS」採用?

2019年8月31日 12:19

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 Anonymous Coward曰く、

 中国・華為技術(HUAWEI、ファーウェイ)が、ロシアの人口調査プロジェクト向けに36万台のタブレットを提供するという話が出ている。このタブレットにはロシア製の「Aurora OS」を使うことでロシアの通信省と交渉を進めているそうだ。

 Aurora OSはLinuxベースの「Sailfish OS」からフォークしたOSで、ロシアの大手通信事業者であるロステレコムが開発を進めている。ロステレコムは、来年10月に行われる予定のロシア人口調査の唯一の請負業者でもある。

 ただし、ロイターに情報を提供した関係者は、「これはあくまでパイロットプロジェクト」で、ファーウェイ側はプロジェクトに「興味を持っている」ものの、確定した話ではないようだ。

 ファーウェイは現在、米政府の輸出規制リスト(Entity List)に掲載されており、米国企業からの部品提供や技術関連へのアクセスが禁じられている。こうした米国による制裁でスマートフォン関連事業の2019年の売上高が「(計画比)100億ドル(約1兆1千億円)以上減るだろう」とファーウェイ側は発表している(ロイターGIGAZINE日経新聞Slashdot)。

 スラドのコメントを読む | Linuxセクション | Linux | OS | 携帯電話 | IT | 中国

 関連ストーリー:
ドコモもファーウェイ端末の予約受付を再開 2019年08月21日
ファーウェイ、独自のOS「HarmonyOS」を発表 2019年08月13日
ファーウェイが過去8年間に渡り北朝鮮の無線通信網構築に関与していたとの報道 2019年07月25日
米政府、HUAWEIを輸出規制リストに追加。米製部品の調達が不可能に 2019年05月17日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード中国ロシアLinuxファーウェイ(Huawei)