中国サイバー攻撃集団によるとみられる医療業界狙った攻撃、2013年より継続中か

2019年8月28日 22:06

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 セキュリティ企業FIREEYEが公開したレポートによると、ヘルスケア業界がサイバー犯罪グループなどのターゲットになっているという。中国のスパイ組織が医療研究者をターゲットにしていることや、ヘルスケア関連のデータベースが2000ドル以下で闇市場で販売されていることなどもレポートでは言及されている(ニューズウィーク日本版)。

 レポートでは攻撃によって盗まれたデータやその価値も取り上げられている。こうした流出データはビットコインで売買されているそうだ。また、中国による攻撃は少なくとも2013年より行われており、そこからほぼ毎年のように確認されているという。

 スラドのコメントを読む | セキュリティセクション | セキュリティ | 医療 | インターネット | IT | 中国 | 情報漏洩

 関連ストーリー:
中国、世界の通信会社10社以上にサイバー攻撃。富士通やNTTデータも被害 2019年06月28日
翻訳の提案機能で歪められたGoogle翻訳 2019年06月19日
米司法省、中国情報機関高官らを起訴。航空機エンジン情報狙ったサイバー攻撃などで 2018年11月06日
米政府、米大統領選を狙ったロシアのサイバー攻撃に対し「ホットライン」で警告していた 2016年12月21日
アメリカ、中国・ロシアのサイバー攻撃に対する制裁実施を検討する 2015年09月05日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード中国セキュリティヘルスケアサイバー攻撃

広告

広告

写真で見るニュース

  • 中性子星と発せられたパルサーの想像図 (c) B. Saxton (NRAO/AUI/NSF)
  • 第2ターミナルの内部。(画像: 中部国際空港の発表資料より)
  • ケニアでの実証実験に使われる産業用無人ヘリコプター「フェーザーR 
G2」(画像:ヤマハ発動機の発表資料より)
  • 季節に合わせたタイヤ選びが重要
  • HD140283 (c) Digitized Sky Survey (DSS), STScI/AURA, Palomar/Caltech, and UKSTU/AAO
  • (c) 123rf
  • 使用イメージ。(画像: サンワサプライの発表資料より)
  • 双子原始星からのふぞろいな分子流と円盤の想像図 (c) 国立天文台
 

広告

ピックアップ 注目ニュース