千葉県のテラスモール松戸、177店で10月25日オープン

2019年8月28日 12:15

小

中

大

印刷

 住商アーバン開発は26日、千葉県松戸市八ケ崎で整備している大型商業施設のテラスモール松戸を、10月25日にオープンさせると発表した。新業態など28店の追加出店が決まり、全177店が集結する。

【こちらも】住友商事、「テラスモール松戸」着工 約180店が出店し2019年秋開業へ

 テラスモール松戸は約4万9,000平方メートルの敷地に建つ一部5階建て。賃貸される店舗面積は約4万2,000平方メートル。1階はサミットストア、無印良品、ロフトを核店舗とし、地域ナンバーワンの食品ゾーンを中心とした構成にする。

 2階はユニクロ、TSUTAYA、スターバックスコーヒーなど、3階はフードコートとノジマ、ナムコ、赤ちゃん本舗など、4階は全11スクリーン、約1,900席を持つユナイテッド・シネマの大型シネマコンプレックスが入る。このほか、東急スポーツオアシス松戸が1、2階を通して展開する。約2,000台分の駐車場と約1,000台分の駐輪場が用意される。駐車場は入口に車番認証システムを設置し、チケットレスで入庫可能となる。

 目玉施設としては、老舗ベーカリーの「ドンク」がテラスモール松戸限定で新業態のベーカリーレストラン、たい焼きのオーバンがたい焼きスイーツ専門店をプロデュースするほか、ヤマト運輸の「ネコサポステーション」、自然食品セレクトショップの「アンドリーフ」、アウトドア・スポーツウェアの「ワークマンプラス」などが千葉県初出店する。

 エリア初出店となるのは、大丸松坂屋百貨店が展開するコスメの「アミューズボーテ」、知育玩具の「好奇心の部屋」、食のセレクトショップ「こととや」など。ほかに、社会福祉法人恩恵会が認定保育園を開設する。

 建設場所は2017年3月末で閉鎖された松戸北部市場跡で、周囲3キロ圏内に約26万人、5キロ圏内に約61万人、10キロ圏内に約190万人が暮らし、30~40代の子育て世代を中心に世帯数の増加が著しい。住商アーバン開発は増加する子育て世代をターゲットに据え、日常の買い物から週末の娯楽まで楽しめる施設構成にした。(記事:高田泰・記事一覧を見る

関連キーワードユニクロTSUTAYAスターバックスロフトテラスモール松戸住商アーバン開発ワークマン

広告

広告

写真で見るニュース

  • 「ザ・コラーゲン B-Shot」(画像: 資生堂の発表資料より)
  • 第46回東京モーターショーでダイハツが出展する予定のコンセプトカー「WakuWaku(ワクワク)」(画像: ダイハツ工業の発表資料より)
  • 2020年2月にヴィッツから改名されて発売されるトヨタ・ヤリス(画像: トヨタ自動車発表資料より)
  • 撮影された全天球画像を平面図に置き換えたもの。(c) JAXA
  • 導入される次世代型電動車いすのイメージ。(画像: JALの発表資料より)
  • ボディ用とガラス・内装用を使い分ける©sawahajime
  • 新型「ヤリス」フロント(プロトタイプ)(画像:トヨタ自動車発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース