コンヴァノは底打ちして下値切り上げ、20年3月期1Q大幅増益で通期も大幅増益予想

2019年8月20日 09:22

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

 コンヴァノ<6574>(東マ)はネイルサロン「ファストネイル」をチェーン展開している。20年3月期第1四半期は大幅増益だった。そして通期も大幅増益予想である。収益拡大を期待したい。株価は戻り一服の形だが、6月安値で底打ちして下値を切り上げている。出直りを期待したい。

■ネイルサロンをチェーン展開

 ネイルサロン「ファストネイル」をチェーン展開するネイル事業、CM動画放映や試供品配布などのメディア事業を展開している。

 ネイルサロンは三大都市圏(関東、関西、東海)の商業施設内中心に店舗展開し、19年3月末店舗数は53店舗(うちFC1店舗)である。自社開発WEB予約システム「FASTNAIL TOWN」も活用して集客を促進している。なお8月14日には、19年10月1日からサービス価格を改定すると発表している。

■20年3月期1Q大幅増益で通期も大幅増益予想

 20年3月期連結業績(IFRS)予想は、売上収益が19年3月期比4.5%増の23億50百万円、営業利益が43.7%増の2億15百万円、親会社所有者帰属当期利益が46.3%増の1億30百万円としている。新規出店は優良な商業施設内に厳選する。既存店舗の人員強化を優先し、集客力のある店舗へのリソース集中を推進して大幅増益予想としている。

 第1四半期は、売上収益が前年同期比4.2%増の5億81百万円で、営業利益が2.8倍の31百万円だった。前期の新規出店6店舗も寄与して増収となり、コスト効率化も寄与して大幅増益だった。進捗率は低水準の形だが、概ね計画水準としている。通期でも収益拡大を期待したい。

■株価は底打ちして下値切り上げ

 株価は戻り一服の形だが、6月安値で底打ちして下値を切り上げている。出直りを期待したい。8月19日の終値は796円、時価総額は約18億円である。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
ヒーハイスト精工は調整一巡して反発期待、19年3月期2Q累計減益だが進捗率順調(2018/11/15)
プロレド・パートナーズは、18年10月期大幅増益で成長続く、7000円割れを下値に上値試す(2018/11/01)
ラ・アトレは出直り期待、18年12月期利益・配当予想を上方修正(2018/11/15)
リーガル不動産は総合不動産開発企業として業容拡大、下値に買い入る(2018/10/31)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

広告

広告

写真で見るニュース

  • PASSION DIAMONDの取り扱い商品例。(画像:D.Tech発表資料より)
  • コンチネンタルタイヤのアプリと連動する新タイヤ(画像:Continental AG発表資料より)
  • カローラ スポーツ HYBRID G“Z”(2WD)、カローラ ツーリング HYBRID W×B(2WD)、カローラ HYBRID W×B(左から、いずれもオプション装着車)(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • AI搭載の小型汎用ロボット「ZUKKU」を活用した健康増進プログラムのイメージ。(画像: ハタプロ発表資料より)
  • 中性子星と発せられたパルサーの想像図 (c) B. Saxton (NRAO/AUI/NSF)
  • 第2ターミナルの内部。(画像: 中部国際空港の発表資料より)
  • ケニアでの実証実験に使われる産業用無人ヘリコプター「フェーザーR 
G2」(画像:ヤマハ発動機の発表資料より)
  • 季節に合わせたタイヤ選びが重要
 

広告

ピックアップ 注目ニュース