木星のコアは誕生直後に破壊され今もその影響続くか 木星探査機「Juno」

2019年8月19日 22:20

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 NASAの木星探査機「Juno」によって行われた木星の重力場測定結果から、木星の核部分は水素と個体が混じり合って構成されており、その密度が低いことが分かったという。これは、木星がまだ生まれたばかりの45億年ほど前に木星と大きな質量を持つ天体が衝突したことによって核が破壊された可能性があることを示しているそうだ(soraeNewScientistExtremeTEch)。

 木星はガスを主成分とするガス惑星であることが知られている。構造としては高密度の中心核があり、その周囲を液状の金属や気体が覆っていると予測されていたが、今回の測定結果からは実際には核部分はそれほど密度が高いわけではなく、核の周囲にある低密度の部分と混ざり合ったような状態になっていることが分かったという。

 スラドのコメントを読む | サイエンスセクション | 宇宙

 関連ストーリー:
木星に巨大な何かが衝突する様子が撮影される 2019年08月16日
新たに発見された木星の衛星、うち5個の名称募集中 2019年02月28日
表面温度が「100 ℃」という低温な褐色矮星、発見される 2011年03月29日
これまでで最も軽い系外惑星を発見 2005年06月14日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードNASA木星

広告

広告

写真で見るニュース

  • SUBARU XV「Advance」(画像: SUBARUの発表資料より)
  • スウェーデンの首都ストックホルムにあるノーベル博物館の扉 (c) 123rf
  • 地上階の空間設計。(画像:大阪地下街発表資料より)
  • 新型「BMW X1」。(画像: ビー・エム・ダブリューの発表資料より)
  • エクステリア(写真:トヨタ自動車発表資料より)
  • 完成した住友不動産秋葉原駅前ビル(住友不動産発表資料より)
  • 登録証と記念盾。(画像:Meiji Seikaファルマ発表資料より)
  • 結び目状をした複数の星周円盤が連星系を囲む様子 (c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO), Alves et al.
  • 車の鍵を失くした場合は、焦らず冷静に対応することが重要である。
 

広告

ピックアップ 注目ニュース