Amazonの顔認識技術、カリフォルニア州議員26人の顔を犯罪者と誤判定

2019年8月19日 22:22

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 Anonymous Coward曰く、

 米Amazon.comはクラウド方式で画像や動画の分析サービスを提供しており、これを警察などの米国の法執行機関も使用していることが過去に報じられているが、このたび米国自由人権協会(ACLU)がこのサービスを使って犯罪容疑者の写真とカリフォルニア州議会議員の顔写真を照合させたところ、議員のおよそ20%に相当する26人が容疑者の顔写真にマッチするという結果が出たという。ACLUは、Rekognitionシステムが犯罪者と誤判定した議員全員の写真を集めたPDFも公開している(CNET JAPANLos Angeles Times)。

 いっぽうAmazon側はこれに対し、ACLUは信頼度の閾値が低い設定でサービスを利用していると批判している。議論となっているサービスでは信頼度の閾値を変更することができ、ACLUはデフォルトの値のままで使用したとのことだが、Amazonはこの閾値を99%に設定することを推奨しているという。

 ACLUは昨年にも米国会議員の顔写真を同サービスを使って犯罪容疑者の写真と照合するテストを行い、28人が逮捕歴のある人物と判断されるという結果が出たと発表していた(過去記事)。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | テクノロジー | IT

 関連ストーリー:
Google、顔認証システムのため町で顔データの「現地調査」を実施、協力者には5ドルのギフトカードを提供 2019年08月01日
Alipay、顔認証による決済システムの利用時に「美しく」補正した映像を表示する機能を導入 2019年07月10日
米航空会社の顔認証による搭乗手続きにおいて約15%の乗客は顔認証に失敗するという報告 2019年06月19日
米サンフランシスコ市、警察など公的機関での顔認証技術の使用を禁止 2019年05月20日
Apple Storeの顔認識技術が原因で誤認逮捕された、と主張する訴訟 2019年04月29日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードアメリカAmazon

広告