NY金:反落、米国株高などを意識した利食い売りが入る

2019年8月17日 09:41

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*09:41JST NY金:反落、米国株高などを意識した利食い売りが入る

COMEX金12月限終値:1523.60 ↓7.60

16日のNY金先物12月限は反落。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物12月限は前日比−7.60ドルの1オンス=1523.60ドルで通常取引を終了した。時間外取引を含めた取引レンジは1513.90ドル−1538.60ドル。米国株高や米長期金利の反発を受けて利益確定を狙った売りが増えたことが下げの要因。ユーロが伸び悩んだことも意識されていたようだ。《TN》

広告

財経アクセスランキング