京アニ『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』情報解禁! 応援メッセージ多数

2019年8月17日 08:41

小

中

大

印刷

 京都アニメーション製作のアニメ映画、『ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝 - 永遠と自動手記人形 -』の予告やキャストなど詳細情報が解禁された。公式Twitterを中心に、多くのファンから「ありがとう」など応援の声が多数届けられている。

【こちらも】アニメ『ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝 - 永遠と自動手記人形 -』3週間限定で劇場公開

 一方で京都アニメーションは、7月18日に発生した放火事件の事後対応のため、本作『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』がアニメ化する切っ掛けとなった「京都アニメーション大賞」の第11回について、作品募集を一時停止することを発表した。

■作品とあわせ京アニへ贈られる「ありがとう」

 京都アニメーション(京アニ)によるアニメ映画『ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝 - 永遠と自動手記人形 -』が、2019年9月6日(金)から3週間限定で上映される。それにさきがけ、本作の予告映像、ストーリー、登場人物、キャスト、スタッフなどの情報が解禁となった。

 その美麗な映像で多くのファンを魅了した『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』だが、本作は『けいおん!』や『涼宮ハルヒ』などで知られる京アニの作品である。

 京アニは7月18日に発生した放火事件により、翌19日には2020年公開予定であった映画『Free!』の新作に関して、続報の公開を中止した。当初は、7月に公開された『Free!-Road to the World-夢』の3週目となる7月19日から、「2020 夏」続報「TO BE CONTINUED」版として最新予告編を上映する予定だった。

 そのようなこともあり、ファンにとって今回『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』の情報解禁は、心より待ち望んでいたといっても過言ではないようだ。本作の公式Twitterを中心に、書き込み可能な情報サイトなどにも、ファンから「ありがとう」といった感謝や応援の言葉が多く寄せられ話題となっている。

■「第11回京都アニメーション大賞」の作品募集を一時停止

 『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』の原作は、「第5回京都アニメーション大賞」の大賞受賞作である。ちなみに現在に至るまで、“大賞”を受賞したのは本作のみだ。暁佳奈氏による原作で、2018年1月にアニメ化された。

 他にも『中ニ病でも恋がしたい!』などの人気作を生み出した「京都アニメーション大賞」だが、京アニは8月14日、放火事件の事後対応に当たっているため、第11回の作品募集を一時停止すると発表した。

 第11回の募集は既に6月から開始しており、現在も多くの作品が送られていた。しかし事件の対応のため作品募集を一時停止、大賞事務局への問い合わせなども一時停止となった。また既に受け付けている作品や問い合わせに関しても、返答までにしばらく時間がかかるとしている。

 今後については、後日改めて公式サイトで発表するとしている。(記事:高塔・記事一覧を見る

関連キーワードヴァイオレット・エヴァーガーデン

広告