8つの信金でATMやネットバンキングが利用できないシステム障害発生

2019年8月16日 22:55

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 8月15日、北海道信用金庫および旭川信用金庫、室蘭信用金庫、西武信用金庫、横浜信用金庫、湘南信用金庫、青木信用金庫、水戸信用金庫の8信金でシステム障害が発生し、ATMやインターネットバンキングなどが利用できない状況になったという(NHK日経新聞)。同日中にすべて復旧している(日経xTECH)。

 これら信金では日本ユニシスが開発したシステムを使用しているとのこと。原因は不明で、システムの更改作業などがトリガーとなった訳でもないようだ。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | ソフトウェア | バグ | IT | お金

 関連ストーリー:
Galileo GNSSで障害 2019年07月17日
住信SBI、脱オラクル・AWS活用でコスト8割減を見込む 2019年07月17日
大阪市のシステム障害、2ノードのOracleデータベースサーバーで同じシステムファイルが破損したことが原因 2019年06月12日
大阪市でシステム障害、ほぼすべての証明書が発行できない状態に 2019年06月11日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード日本ユニシス西武信用金庫

広告