エヌリンクスはNHK受信料の政府答弁が注目されて15%高

2019年8月16日 11:12

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■放送受信料の契約収納業務も行い今期業績は奨学生など免除の影響が

 エヌリンクス<6578>(東2)は8月16日、急反発となり、朝方に16%高の367円(51円高)まで急伸したあとも15%高(45円高)前後で推移している。スマートフォン向けゲームアプリの攻略サイト運営などのほか、営業アウトソーシング事業の中で「放送受信料の契約、収納業務」も実施。手掛かり材料としては、「NHK受信料『契約締結なら支払う義務』政府が答弁書」(朝日新聞デジタル2019年8月15日13時00分)などと伝えられたことが挙げられている。

 今期・2020年2月期の連結業績予想は、営業利益を1.63億円の赤字とするなど、各利益とも1.6億円前後の赤字の見通しとしている。7月11付で利益見通しを大きく減額修正した。要因としては、第1四半期から子会社ブロックチェーンゲームズ(株)を連結対象化したこと、19年2月から奨学金を受けている学生などに対する放送受信料の免除が実施され、「本事由の当社業務に与える影響は当社の予想を大きく超え」(リリースより)たこと、などとした。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
ヒーハイスト精工は調整一巡して反発期待、19年3月期2Q累計減益だが進捗率順調(2018/11/15)
プロレド・パートナーズは、18年10月期大幅増益で成長続く、7000円割れを下値に上値試す(2018/11/01)
ラ・アトレは出直り期待、18年12月期利益・配当予想を上方修正(2018/11/15)
リーガル不動産は総合不動産開発企業として業容拡大、下値に買い入る(2018/10/31)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

広告

広告

写真で見るニュース

  • (画像: ブルーパドルの発表資料より)
  • 東急プラザ渋谷のイメージ(東急不動産発表資料より)
  • MINIの生誕60周年記念特別仕様車「MINI 60 YEARS EDITION」。(画像: ビー・エム・ダブリューの発表資料より)
  • 惑星探査機カッシーニからみた土星 (c) NASA
  • 広島駅ビルの外観イメージ(JR西日本発表資料より)
  • スマート・EQ Fortwo(画像: ダイムラーの発表資料より)
  • (c) 123rf
 

広告

ピックアップ 注目ニュース