南海、和歌山市駅の新複合施設名「キーノ和歌山」に 商業ゾーンは2020年春開業

2019年8月13日 08:16

小

中

大

印刷

キーノ和歌山の完成イメージ(南海電気鉄道発表資料より)

キーノ和歌山の完成イメージ(南海電気鉄道発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

 南海電気鉄道は、和歌山県和歌山市西蔵前の南海本線和歌山市駅で建設を進めている新複合施設名を「キーノ和歌山」と決めた。2017年にオフィスゾーンが先行して開業しているが、カルチュア・コンビニエンス・クラブが指定管理者となる和歌山市民図書館が2019年12月、商業・ホテルゾーンが2020年4月に開業する予定。

【こちらも】淀屋橋駅直結、高さ150メートルの新高層ビル 2025年竣工目指す

 キーノ和歌山はオフィス棟と商業棟、ホテル棟、公益施設棟からなる複合施設。キーノの名前は「紀の国」和歌山県の玄関口として地域のシンボルに育てたいという思いを込めて命名した。新しい扉を開く鍵となる願いも「キー」という音に込めている。

 商業棟は鉄骨地下1階、地上3階建て延べ約8,600平方メートル。このうち、4,100平方メートルが賃貸され、物販、飲食など約30店が入居する。1階は通勤や通学途中に立ち寄れる雑貨や食物販ゾーンとし、時代を先取りした新しい形のスーパーマーケットを核店舗に誘致する。2階は地元の食材を使ったレストランゾーン、3階はクリニックを集めた美と健康のゾーンにする。屋上は駐車場となる。

 ホテル棟は鉄骨12階建て延べ約6,000平方メートル。1~3階は商業棟から続く商業ゾーンとなり、4階以上にカンデオホテルズ和歌山(仮称)が出店する。客室数は120。最上階に紀の川を望む露天風呂付きの大浴場を備え、リーズナブルでありながらワンランク上の機能性を備えたホテルとする。

 公益施設棟は鉄骨5階建て延べ約9,600平方メートル。和歌山市民図書館が入居し、約50万冊の蔵書を用意する。施設の指定管理者はカルチュア・コンビニエンス・クラブで、ゆったりとくつろげるラウンジ空間やキッズスペース、市民の憩いの場も設ける。

 既に開業しているオフィス棟は鉄骨7階建て延べ約6,200平方メートルで、民間企業のオフィスに加え、政府が進める中央省庁地方移転の一環として総務省統計局が一部機能を入居させている。(記事:高田泰・記事一覧を見る

関連キーワード和歌山県カルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)南海電鉄

広告

広告

写真で見るニュース

  • 自動手荷物預け機のイメージ。(画像: 日本航空の発表資料より)
  • 「ザ・コラーゲン B-Shot」(画像: 資生堂の発表資料より)
  • 第46回東京モーターショーでダイハツが出展する予定のコンセプトカー「WakuWaku(ワクワク)」(画像: ダイハツ工業の発表資料より)
  • 2020年2月にヴィッツから改名されて発売されるトヨタ・ヤリス(画像: トヨタ自動車発表資料より)
  • 撮影された全天球画像を平面図に置き換えたもの。(c) JAXA
  • 導入される次世代型電動車いすのイメージ。(画像: JALの発表資料より)
  • ボディ用とガラス・内装用を使い分ける©sawahajime
  • 新型「ヤリス」フロント(プロトタイプ)(画像:トヨタ自動車発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース