ライフ RSS

 

一工夫で趣味を副業にする! (1) 「カメラ好きならストックフォトサービス」

2019年8月12日 16:33

小

中

大

印刷

 趣味を仕事にしないほうがいいという声をよく聞く。なぜなら、作り手と受け手では見る世界や感覚が異なるため、仕事としていく途中で好きだったものを嫌いになるケースがあるからだ。そこで今回提唱したいのが、趣味を副業にするという方法だ。

【こちらも】副業は好きなことで稼ぐべき理由

 好きなことをしながら、その余剰でちょっと稼いでみるというスタンスである。そんな風に、一工夫をすることで趣味を副業に変えていく方法を少しずつであるが紹介していきたい。

■カメラ・写真が好きな人におすすめの副業

 近年、カメラ・写真を趣味にする人が増えている。高性能なスマホを用いたライトな層から、一眼レフカメラを揃えるセミプロ層まで様々だ。スマホを持つことが当たり前となった今、写真を撮らない人のほうが少ないだろう。そんな日々何気なく撮っている写真を、気軽に売り買いできるサービスがある。それが、ストックフォトサービスだ。

 ストックフォトサービスとは、自分が撮った写真を登録しておくことで、販売を代行してくれるサイトだ。既に購入者側で使ったことがある人もいるだろう。近年ストックフォトサービスを提供するサイトも増えてきており、ライバルも多いので稼ぐのが難しくなっているのが現状といえる。そこで、一工夫を加えて稼ぎを増やしていく方法がある。

■他人は撮りづらく、あなただから撮りやすいものを!

 他人には撮りにくい被写体を撮ると、差別化が可能だ。例えば、日本的な文化を象徴する寺社仏閣の写真は、外国の人には撮ることができない。海外の人も使っているストックフォトサービスであれば、興味をひきやすい。

 しかし、これではまだまだライバルが多いだろう。そこでさらに絞って、あなたの住んでいる地域にある、有名な場所やデザイン性の高いものなどを被写体にすると良い。すると必然的にライバルはぐっと減っていく。また、ストックフォトサービスで写真を購入するのは企業が多く、ホームページや提案書などに使うであろう構成のものや、人をメインにした写真なども、需要が高まっている。

 このように、使う人側の目線を持って写真を撮るというのも、稼ぎを増やすための良い方法となるだろう。(記事:後藤遼太・記事一覧を見る

関連キーワード一眼レフカメラ副業

広告

写真で見るニュース

  • 「ザ・コラーゲン B-Shot」(画像: 資生堂の発表資料より)
  • 第46回東京モーターショーでダイハツが出展する予定のコンセプトカー「WakuWaku(ワクワク)」(画像: ダイハツ工業の発表資料より)
  • 2020年2月にヴィッツから改名されて発売されるトヨタ・ヤリス(画像: トヨタ自動車発表資料より)
  • 撮影された全天球画像を平面図に置き換えたもの。(c) JAXA
  • 導入される次世代型電動車いすのイメージ。(画像: JALの発表資料より)
  • ボディ用とガラス・内装用を使い分ける©sawahajime
  • 新型「ヤリス」フロント(プロトタイプ)(画像:トヨタ自動車発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース