FileMaker、Clarisに社名を戻す

2019年8月10日 12:57

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 Anonymous Coward曰く、

 Apple子会社のFileMakerが、社名を「Claris International」に変更すると発表したITmedia)。

 FileMakerはかつてはClaris Corporationという社名でMac OS向けに「FileMaker」や「ClarisWorks」といったアプリケーションを開発・販売していた。

 なおClarisWorksはその後ClarisがFileMakerになった後「AppleWorks」という名称になり、その後は終了している。ClarisWorks復活はあるのだろうか(多分ない)。

 スラドのコメントを読む | アップルセクション | ビジネス | ソフトウェア | アップル

 関連ストーリー:
非オープンなファイル形式の解析や変換フレームワーク作成を目指すDocument Liberationプロジェクト 2014年04月08日
iWork '05、iLife '05、Final Cut Express HD発表される 2005年01月12日
Appleが、“iWrite”を商標登録申請 2003年12月17日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードApple

広告

広告

写真で見るニュース

  • 8月16日に行われたNASAによる発表の様子 (c) NASA Television
  • 「HondaJet Elite」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • ダイハツ・タント(画像: ダイハツ工業の発表資料より)
  • あおり運転対策にこだわるなら、360度対応ドライブレコーダーの設置が考えられる。画像はイメージです。
  • 概要モードを表示し、「新しいデスク」をクリックすれば仮想デスクトップが追加される。目的ごとに使い分ければ作業効率が大幅にアップするだろう。
  • 「HomePod(ホームポッド)」(画像:アップルジャパンの発表資料より)
  • 「S-mile(スマイル)」によるデリバリーのイメージ。(画像: 藤田観光の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース