脱着間仕切り搭載の小型冷凍冷蔵庫「ICECO」先行予約発売

2019年8月9日 15:13

小

中

大

印刷

「ICECO(アイセコ)」20Lモデル。(画像: オウルテックの発表資料より)

「ICECO(アイセコ)」20Lモデル。(画像: オウルテックの発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

 オウルテックは7日、アウトドアでの使用や、車両・船舶客室への搭載が可能な小型冷凍冷蔵庫「ICECO(アイセコ)」の先行予約発売を開始した。

【こちらも】東芝、レグザ純正USB HDD「THD-V3」発売 ファンレスで省スペース化

 容量は12L・20Lの2タイプ。先行予約販売の対象は20Lモデルとなり、期間は8月7日から30日まで、クラウドファンティングプラットフォームであるMakuake(マクアケ)で販売する。価格は、先着10名までのスーパー早割価格4万9,800円(価格はいずれも税込)~となる。

 一方、12Lモデルについては、8月23日より一般販売を開始する予定。価格は5万3,784円。全国の量販店や直販サイト「オウルテックダイレクト」にて取り扱う。

■製品の特長

 ポイントは、特許取得済みという、庫内を冷凍と冷蔵に簡単に分離できる脱着可能な間仕切り版だ(20Lモデルのみ)。同社によれば、国内では初の機能になるという。

 冷凍と冷蔵エリアを分けることにより、食材を効果的に冷却できる。もちろん間仕切りを使わずに、庫内を1室として冷凍・冷蔵どちらかの設定で使用することも可能だ。庫内を1室として利用した場合、350mlの缶ドリンクであれば約28本、500mlのペットボトルであれば約18本収納できる。

 庫内の温度調整は、本体天面についているタッチパネル操作により行う。シンプルなインターフェースとなっているため、機械操作が苦手な人でも安心して使える。また急速冷凍モードも備えているため、急いで食材・飲み物を冷やさないといけない場合にも対応可能だ。

 デザインはシンプルでスタイリッシュ。部屋の中に置くだけでインテリアとしても存在感を発揮しそうだ。

■製品スペック

・サイズ
 570(幅)×315(高さ)×320(奥行)mm(20Lモデル)
 570(幅)×230(高さ)×320(奥行)mm(12Lモデル)
・重量
 10.8kg(20L)
 8.7kg(12L)
・温度設定範囲
 -18度~10度
・付属品
 AC/DC変換アダプター
 AC電源ケーブル(約1.5m)
 DC電源ケーブル(約2.5m)

広告

写真で見るニュース

  • 「シビック ハッチバック」と「シビック セダン」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 11月29日に開業するブランチ大津京(大和リース発表資料より)
  • スイフトの特別仕様車「HYBRID MGリミテッド」(画像: スズキ発表資料より)
  • 画像はイメージです。
  • Mercedes AMG A 45 S 4MATIC+edition1限定車(画像:メルセデスベンツ日本発表資料より)
  • クリスタ長堀の「クラペロ」のオープンイメージ(クリスタ長堀発表資料より)
  • JPL Small-Body Database Browserによる11月18日の「2019UR2」軌道。ここで見ると、地球とほぼ重なっていることが分かる。 (c) NASA
  • 2021年の量産開始が見込まれるメルセデス・ベンツ・eアクトロス(画像: ダイムラー社発表資料より)
  • 洛北阪急スクエアのイメージ(阪急商業開発の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース