NY原油:反発、中東情勢が緊張

2019年8月3日 09:02

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*09:02JST NY原油:反発、中東情勢が緊張

NYMEX原油9月限終値:55.66 ↑1.71

2日のNY原油先物9月限は反発。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物9月限は前日比+1.71ドルの55.66ドルで通常取引を終えた。中東情勢の緊張で石油輸出に影響がでるとの懸念が根強くまた、全米の石油掘削装置の稼働数の減少を受けて供給不安を受けた買いが強まった。ドル安で割安感もひろがった。《TN》

広告

広告

写真で見るニュース

  • 中性子星と発せられたパルサーの想像図 (c) B. Saxton (NRAO/AUI/NSF)
  • 第2ターミナルの内部。(画像: 中部国際空港の発表資料より)
  • ケニアでの実証実験に使われる産業用無人ヘリコプター「フェーザーR 
G2」(画像:ヤマハ発動機の発表資料より)
  • 季節に合わせたタイヤ選びが重要
  • HD140283 (c) Digitized Sky Survey (DSS), STScI/AURA, Palomar/Caltech, and UKSTU/AAO
  • (c) 123rf
  • 使用イメージ。(画像: サンワサプライの発表資料より)
  • 双子原始星からのふぞろいな分子流と円盤の想像図 (c) 国立天文台
 

広告

ピックアップ 注目ニュース