ハワイの超大型光学望遠鏡TMT、2021年までの建設延期が決定

2019年8月3日 08:44

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 2013年、米ハワイ島で天体望遠鏡「TMT(Thirty Meter Telescope)」の建設が開始された。TMTはその名のとおり30mの口径を持ち、完成すれば世界最大の望遠鏡となるが、抗議活動を受けて工事がまたも延期になることが決まった(中日新聞朝日新聞)。

 建設予定地のマウナケア山はハワイ先住民の聖地であることや環境への影響の懸念から反対運動が起きている(過去記事)。これに対し2018年に米ハワイ州最高裁判所が建設認可は適切だったとの判断を下しており、建設再開も報じられていたが、結局抗議活動を受けて工事は2021年9月まで延期することとなった。

 スラドのコメントを読む | サイエンスセクション | ニュース | サイエンス | 宇宙 | アメリカ合衆国

 関連ストーリー:
米ハワイ州最高裁、30メートル望遠鏡建設計画の認可は適切と判断 2018年11月04日
米ハワイ州土地・天然資源委員会に30メートル望遠鏡建設計画の認可などが勧告される 2017年07月29日
建設反対運動が続くTMT、代替候補地にインドを検討か 2016年03月31日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードハワイ

広告