ストリームが会社設立20周年を機に新プライベートブランド『イーネーズ(enas)』を展開

2019年7月23日 22:34

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

ストリーム<3071>(東2)は、7月23日に会社設立20周年を迎えるのを機に、新プライベートブランド『イーネーズ(enas)』を展開すると発表した。

ストリーム<3071>(東2)は、7月23日に会社設立20周年を迎えるのを機に、新プライベートブランド『イーネーズ(enas)』を展開すると発表した。[写真拡大]

写真の拡大

■第1弾アイテムは今秋発売予定

 ストリーム<3071>(東2)は、7月23日に会社設立20周年を迎えるのを機に、新プライベートブランド『イーネーズ(enas)』を展開すると発表した。

 コンセプトは、必要な機能をシンプルに絞り込み、更に“あったらいいね!”と思える便利機能をプラスワン。そして洗練されたデザインで新しい価値を提案する、いいもの(商品)の提供を目指す。

 『 enas』(イーネーズ)の、『e』は、いいもの、『n』は、新しい価値(New Value)、『a』は、 魅力的(Attractive)、『s』は、スタイリッシュ(Stylish)を意味している。 また、いいもの、新しい価値、魅力的、スタイリッシュのシンボルとして『星』と『ダイヤ モンド』をロゴの中に取り入れることで「輝く未来を見据える」イメージを意識している。

 第1弾アイテムは、今秋発売を予定。 詳細については改めて発表するとしている。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
ヒーハイスト精工は調整一巡して反発期待、19年3月期2Q累計減益だが進捗率順調(2018/11/15)
プロレド・パートナーズは、18年10月期大幅増益で成長続く、7000円割れを下値に上値試す(2018/11/01)
ラ・アトレは出直り期待、18年12月期利益・配当予想を上方修正(2018/11/15)
リーガル不動産は総合不動産開発企業として業容拡大、下値に買い入る(2018/10/31)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

広告

広告