SpaceXの試験機「Starhopper」、燃料漏れで炎上

2019年7月23日 21:18

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

AerospaceCowboy曰く、 7月16日、米民間宇宙開発企業SpaceXの宇宙船プロトタイプ「Starhopper」がエンジン燃焼試験中に炎上した(TechCrunchNASASpaceflight.comSlash Gear)。

 この事故によってStarhopperが火球に包まれる映像も公開されている。原因は不明。機体の状況も不明。来週行われる予定であった、ロケットの推力を使っての浮上(hop)テストも実施されるか否かも現在不明。

 SpaceXのイーロン・マスクCEOはその後、この事故について漏れた燃料に引火した結果発生したことを明らかにした。Starhopperには大きなダメージはないという。

 SparhopperはSpaceXが開発する大型ロケット「Starship」で使われる予定のエンジン「Raptor」のテスト機という位置付けで、今年4月にはごく短時間・短距離の浮上試験に成功していた(Engadget日本版)。今回エンジンで事故が発生したものの、マスク氏によると2~3か月後にStarshipのプロトタイプを飛行させるつもりのようだ(TechCrunchの続報)。

 スラドのコメントを読む | サイエンスセクション | テクノロジー | サイエンス | 宇宙

 関連ストーリー:
SpaceXのFalcon 9ロケット、ドローン船上への着陸・回収に今回は失敗 2016年06月18日
NASAが「宇宙船での火災実験」実施へ 2016年03月25日
Antaresロケットの打ち上げ失敗、爆発して射場を損傷 2014年10月30日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードNASAロケットSpaceXイーロン・マスク

広告