ケンタッキー、消費税増税後も持ち帰りと店内飲食の税込み価格を揃える方針

2019年7月23日 09:20

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 10月に予定されている10%への消費税増税後は、食品など一部で軽減税率が導入される。それによって飲食店では店内での飲食(イートイン)と持ち替えり(テイクアウト)で税率が変わるが、ケンタッキーフライドチキン(KFC)ではイートインとテイクアウトで本体料金を変更することで税込み価格を揃える方針だという(日経新聞FNN PRIME)。

 KFCでは増税後も税込み価格を据え置く方針で、これによってイートインの場合実質値下げになるとのこと。他社がこういった動きに続くかは不明だが、軽減税率適用にあわせて持ち帰りサービスの導入や強化を行う飲食店も多いようだ(日テレNEWS24)。

 スラドのコメントを読む | 日本 | ビジネス | お金

 関連ストーリー:
書籍や雑誌は消費税の軽減税率対象外となる方向との報道 2018年12月05日
店先ベンチでの飲食は消費税10%? 2018年11月07日
政府、消費税増税に向けてクレジットカード会社に手数料引き下げを求める 2018年10月20日
キャッシュレス決済ポイント還元や食品の軽減税率といった消費税値上げ影響緩和案 2018年10月17日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード消費税増税軽減税率

広告

財経アクセスランキング