ドル・円は動意薄、米長期金利は上げ渋り

2019年7月22日 13:49

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*13:49JST ドル・円は動意薄、米長期金利は上げ渋り
22日午後の東京市場でドル・円は107円90銭台と、動意の薄い値動き。前週末からのドル買い基調は継続しているが、米10年債利回りが2.06%台に上昇後は2.05%台に失速しておりドル買いは仕掛けづらいようだ。また、日経平均株価や上海総合指数の軟調地合いで、円買いも根強いもよう。

ここまでの取引レンジは、ドル・円は107円70銭から108円06銭、ユーロ・円は120円97銭から121円14銭、ユーロ・ドルは1.1207ドルから1.1220ドル推移した。《MK》

広告

広告

写真で見るニュース

  • (c) 123rf
  • 「ISSEスノーソックス」の装着イメージ。(写真:ISSE発表資料より)
  • MAZDA CX-30 X L Package(2WD車)(画像: マツダの発表資料より)
  • 「ヒルサイド」エリアイメージ(三菱地所・サイモン発表資料より)
  • 超新星爆発のイメージ。
 

広告

ピックアップ 注目ニュース