ロンドン警視庁のサイトやTwitterに偽プレスリリースなどが投稿

2019年7月22日 07:56

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

英国夏時間19日深夜、ロンドン警視庁のWebサイトや公式Twitterアカウントにいたずらとみられる偽のプレスリリースなどが複数投稿された。また、ロンドン警視庁の電子メールアドレスから偽のプレスリリース公開を知らせる電子メールも送信されたという(ロンドン警視庁のプレスリリースMetro Newsの記事London Evening Standardの記事The Next Webの記事)。

当時のプレスリリースツイートの一部はInternet Archiveにスナップショットが残されているが、偽のプレスリリースは本文がないか、見出しと同じ内容が記載されているだけのものが大半だ。適当にキーを押しただけのようなものもある。

これについてロンドン警視庁では、プレスリリースなどの発行に使用しているオンラインプロバイダーMyNewsDeskのアカウントでセキュリティ上の問題が発生したとみているそうだ。MyNewsDeskを通じて記事を発行するとロンドン警視庁のWebサイトとTwitterアカウントに表示され、電子メールが自動で生成されて送られる仕組みになっている。そのため、ロンドン警視庁のITインフラストラクチャーが「ハック」されたわけではないとのこと。

ロンドン警視庁は問題の発生を謝罪し、今後はMyNewsDeskへのアクセス手配を見直すと述べている。

 スラドのコメントを読む | セキュリティセクション | 犯罪 | 英国 | セキュリティ

 関連ストーリー:
米携帯電話事業者Sprint、SamsungのWebサイト経由でサイバー攻撃を受け顧客情報を漏洩 2019年07月19日
CanonicalのGitHubアカウントが不正アクセスを受ける 2019年07月12日
ジュリアン・アサンジ氏逮捕、大使館で飼われていた猫の行方は? 2019年04月14日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードTwitterロンドン

広告