イーロン・マスク氏、脳直結インターフェイス「Neuralink」の情報公開

2019年7月18日 18:20

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 Anonymous Coward曰く、

 米TeslaやSpaceXの創業者であるイーロン・マスク氏が立ち上げたスタートアップ企業Neuralinkが、脳に直接コンピュータへのインターフェイスを埋め込む技術の臨床試験実施を目指し米当局への申請を行ったと発表した(BBCCNET JapanTechCrunch紺野大地による要点Tweet)。

 このシステムは微細な電極を多数脳に埋め込むというもので、これによって脳神経(ニューロン)の働きを測定したり、ニューロンを刺激できるという。すでにサルによる実験も行われているそうだ。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | テクノロジー | ハードウェア | 医療 | IT

 関連ストーリー:
イーロン・マスクが脳と電子機器を接続する技術を開発する会社を設立 2017年03月29日
イーロン・マスク氏曰く、頭蓋骨にAIチップを搭載した強化人間こそが人類を救う 2019年01月21日
AIに仕事を奪われないためには「脳とコンピューターの直結」が必要? 2017年02月17日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードスタートアップSpaceXイーロン・マスク

広告

広告

写真で見るニュース

  • 8月16日に行われたNASAによる発表の様子 (c) NASA Television
  • 「HondaJet Elite」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • ダイハツ・タント(画像: ダイハツ工業の発表資料より)
  • あおり運転対策にこだわるなら、360度対応ドライブレコーダーの設置が考えられる。画像はイメージです。
  • 概要モードを表示し、「新しいデスク」をクリックすれば仮想デスクトップが追加される。目的ごとに使い分ければ作業効率が大幅にアップするだろう。
  • 「HomePod(ホームポッド)」(画像:アップルジャパンの発表資料より)
  • 「S-mile(スマイル)」によるデリバリーのイメージ。(画像: 藤田観光の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース