前日に動いた銘柄 part1 メディア工房、森永乳業、テラスカイなど

2019年7月17日 07:15

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*07:15JST 前日に動いた銘柄 part1 メディア工房、森永乳業、テラスカイなど
銘柄名<コード>16日終値⇒前日比
昭文社<9475> 359 +9
旅行プランを自動作成するサービスの提供開始と報道うけ。

TOKYO BASE<3415> 850 -42
第1四半期営業益は2ケタ増も、通期に対する進捗率は20%。

メディア工房<3815> 425 +80
リアルタイム実写立体動画撮影システム「SUPERTRACK」の開発を発表。

森永乳業<2264> 4750 345
破談となっていた森永製菓との経営統合を再検討と報じられる。

森永製菓<2201> 5510 +120
森永乳業が同社との統合再検討へとの報道うけ。

イード<6038> 1003 +14
雑誌定期購読サービス提供の富士山マガジンサービスと
出版社向けECビジネス支援で業務提携。

テラスカイ<3915> 2072+400
第1四半期決算がポジティブサプライズに。

レナウン<3606> 135 +31
第1四半期は想定以上の収益水準を達成へ。

IDOM<7599> 398 +80
第1四半期は想定以上の大幅増益決算に。

インターアクション<7725> 1649 +263
順調な業績拡大と自社株買い実施を評価。

クリレスHD<3387> 1612 +187
第1四半期大幅増益決算で通期予想を上方修正。

ベイカレント・コンサルティング<6532> 4445 +335
第1四半期の高い業績変化率を好感。

コスモス薬品<3349> 20600 +1460
12期連続増益見通しなどを評価する動き優勢に。

リンガーハット<8200> 2490 +126
第1四半期2ケタ増益決算を好感。

いちご<2337> 398 +19
好決算や自社株買い評価の動きが続く。

ユニゾホールディングス<3258> 3500 +385
引き続き株式争奪戦への思惑が続く。

サッポロホールディングス<2501> 2423 +79
JPモルガン証券では投資判断を格上げしている。

RPA<6572> 1829-500
第1四半期2ケタ営業減益をマイナス視。

エスケイジャパン<7608> 489-100
第1四半期の大幅減益決算を嫌気。

ベクトル<6058> 871 -174
新規事業の赤字先行で第1四半期は大幅減益に。

ネオス<3627> 869 -71
第1四半期の最終減益決算を嫌気。

MonotaRO<3064> 2341 -139
ゴールドマン・サックス証券では投資判断を格下げ。《FA》

広告

広告

写真で見るニュース

  • アルマ望遠鏡で撮影された2つの分子雲の疑似カラー合成図。赤色と緑色がそれぞれ、速度が異なる一酸化炭素の同位体分子13COからの電波を表す。左図の青色はハッブル宇宙望遠鏡により観測された水素電離ガスの分布を示し、右図の青色は波長1.3ミリメートル帯の濃いガスに含まれる塵からの電波を示す。2領域とも、フィラメントが集合している「かなめ」(図で青色に示している部分)の位置に大質量星が存在する。(c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO)/Fukui et al./Tokuda et al./NASA-ESA Hubble Space Telescope)
  • 「シビック ハッチバック」と「シビック セダン」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 11月29日に開業するブランチ大津京(大和リース発表資料より)
  • スイフトの特別仕様車「HYBRID MGリミテッド」(画像: スズキ発表資料より)
  • 画像はイメージです。
  • Mercedes AMG A 45 S 4MATIC+edition1限定車(画像:メルセデスベンツ日本発表資料より)
  • クリスタ長堀の「クラペロ」のオープンイメージ(クリスタ長堀発表資料より)
  • JPL Small-Body Database Browserによる11月18日の「2019UR2」軌道。ここで見ると、地球とほぼ重なっていることが分かる。 (c) NASA
 

広告

ピックアップ 注目ニュース