NY金:小幅高で1413.50ドル、米長期金利低下などを意識した買いが入る

2019年7月16日 07:30

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*07:30JST NY金:小幅高で1413.50ドル、米長期金利低下などを意識した買いが入る
NY金先物8月限は小幅高(COMEX金8月限終値:1413.50 ↑1.30)。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物8月限は前日比+1.30ドルの1オンス=1413.50ドルで通常取引を終了した。時間外取引を含めた取引レンジは1409.30−1421.60。安全逃避の買いが縮小する場面もあったが、米長期金利の低下や米国株式が一時弱含みとなったことを受けて押し目買いが入ったようだ。《CS》

広告

広告

写真で見るニュース

  • 「2020 トップセーフティピック+」という最高の安全評価を受けた北米マツダのCX-5(画像: マツダUSA発表資料より)
  • フィッシャープライスのバイリンガル知育玩具「バイリンガル・わくわくピアノ」。(写真:マテル・インターナショナル発表資料より)
  • 大丸芦屋店1階のリニューアルイメージ(大丸松坂屋百貨店発表資料より)
  • 研究グループが開発した世界最小のクロック回路を搭載したチップ写真(写真:東工大の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース