NY金:小幅高で1413.50ドル、米長期金利低下などを意識した買いが入る

2019年7月16日 07:30

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*07:30JST NY金:小幅高で1413.50ドル、米長期金利低下などを意識した買いが入る
NY金先物8月限は小幅高(COMEX金8月限終値:1413.50 ↑1.30)。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物8月限は前日比+1.30ドルの1オンス=1413.50ドルで通常取引を終了した。時間外取引を含めた取引レンジは1409.30−1421.60。安全逃避の買いが縮小する場面もあったが、米長期金利の低下や米国株式が一時弱含みとなったことを受けて押し目買いが入ったようだ。《CS》

広告

広告

写真で見るニュース

  • 「島耕作も愛した幻の立ちそば 虎ノ門 港屋 辛香るラー油の鶏そば」(画像: 日清食品の発表資料より)
  • ジャガー「XE」2020年モデル。(画像: ジャガー・ランドローバー・ジャパンの発表資料より)
  • Mazda3のオーディオシステム。(画像: マツダの発表資料より)
  • 虎ノ門・麻布台プロジェクト完成イメージ。(画像:森ビル発表資料より)
  • BMW 330e iPerformance(画像: BMWの発表資料より)
  • 「ポルシェタイカン」ナルドでのテスト風景(画像:ポルシェ ニュースルーム発表資料)
  • 蛇田店に配備されているせいきょう便(みやぎ生協発表資料より)
  • アストンマーティンから誕生する初SUVは、多くの自動車ファンの関心を集めそうだ(画像: アストンマーティン発表資料より)
  • スターバックスリザーブストア銀座マロニエ通りの外観イメージ。(画像:スターバックスコーヒージャパン発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース