首位FC東京、川崎Fに0-3の完敗 サッカーJ1第19節

2019年7月14日 22:28

小

中

大

印刷

 14日、サッカーJ1第19節で首位のFC東京がホームで3位の川崎フロンターレと対戦、0-3で完敗した。FC東京と3連覇を目指す川崎Fとの多摩川クラシコは、首位を追いかける川崎の圧勝となった。FC東京は首位を守ってはいるが、1試合少ない川崎Fに勝ち点差を4に縮められた。

 前半20分、川崎Fは下田北斗のCKを小林悠がDFのマークを外しながらヘッドで合わせて先制する。後半9分、川崎FはPA手前中央付近で中村憲剛が間をおいて守備のタイミングを外し、右サイドの小林にパスをする。小林はこれをダイレクトでゴール前に送ると、走り込んだ齋藤がフリーで合わせて追加点を奪う。

 後半24分、川崎Fはスルーパスに抜け出した齋藤がGKと1対1で放ったシュートは林彰洋の足にブロックされる。このこぼれ球を繋いで小林が再び齋藤に渡すと、齋藤はPA中央付近でボールをキープしてから下田に流し、下田は阿部浩之にダイレクトパスをする。阿部はPA手前中央付近からコースを狙ったシュートを放つと綺麗な軌道を描いて3点目となる。

 攻撃の手を緩めない川崎Fは後半40分にも交代で入ったばかりの知念慶がPA手前からシュートを放つも、ここはGK林のスーパーセーブに阻まれる。FC東京はディエゴ・オリヴェイラを中心にゴール前を脅かすシーンも見せたが、無得点に終わった。

関連キーワードサッカーFC東京川崎フロンターレ小林悠