「赤いクワガタ」のような有毒の昆虫「ヒラズゲンセイ」に注意

2019年7月13日 14:01

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 京都や滋賀などで、赤いクワガタムシのような姿の有毒の昆虫「ヒラズゲンセイ」が確認されているという(京都新聞)。有毒の体液を持ち、皮膚に付くとかぶれや水ぶくれを起こすことがあるそうだ。

 ヒラズゲンセイは元々は四国など温暖な地域に生息していたが、最近では生息域が北上しているという。

 スラドのコメントを読む | サイエンスセクション | 日本 | ニュース | サイエンス | アナウンス

 関連ストーリー:
80年代に小笠原に侵入した陸生ヒモムシが小笠原の生態系を大きく破壊していたことが明らかに 2017年10月06日
大阪港でヒアリの女王アリが確認される 2017年07月05日
ヒアリに続き、今度はアカカミアリという有毒のアリが見つかる 2017年06月27日
雑種のフグが増加中、有毒部位が分からないため多くが廃棄に 2017年06月23日
ワニの胆汁は毒ではない 2015年01月14日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

広告

広告

写真で見るニュース

  • 8月16日に行われたNASAによる発表の様子 (c) NASA Television
  • 「HondaJet Elite」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • ダイハツ・タント(画像: ダイハツ工業の発表資料より)
  • あおり運転対策にこだわるなら、360度対応ドライブレコーダーの設置が考えられる。画像はイメージです。
  • 概要モードを表示し、「新しいデスク」をクリックすれば仮想デスクトップが追加される。目的ごとに使い分ければ作業効率が大幅にアップするだろう。
  • 「HomePod(ホームポッド)」(画像:アップルジャパンの発表資料より)
  • 「S-mile(スマイル)」によるデリバリーのイメージ。(画像: 藤田観光の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース