CanonicalのGitHubアカウントに不正アクセス

2019年7月13日 09:47

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 headless曰く、

 CanonicalのGitHub organization(組織アカウント)が6日に不正アクセスを受け、空のリポジトリを作成されるなどの被害にあったそうだ(The Next WebiTNewsUbuntu Securityのツイート)。

 Internet Archiveのスナップショットによると、作成されたリポジトリは「CAN_GOT_HAXXD」および「CAN_GOT_HAXXD_1」~「CAN_GOT_HAXXD_10」という名前の計11個。Canonicalは不正アクセスに使われたユーザーのアカウントを削除し、調査を進めているが、ソースコードや個人を特定可能な情報が影響を受けた形跡はないと説明している。また、Ubuntuディストリビューションのビルドと維持に使用するLaunchpadインフラストラクチャーはGitHubから切り離されており、こちらも影響を受けた形跡はないとのことだ。

 スラドのコメントを読む | Linuxセクション | Ubuntu | セキュリティ | デベロッパー

 関連ストーリー:
Ubuntu Forumsに不正アクセス、全ユーザーのメールアドレス等が流出 2013年07月21日
GentooのGitHubアカウントに対する不正アクセス、パスワードが推測しやすかったことが原因 2018年07月08日
GentooのGitHubアカウントが不正アクセスを受ける 2018年06月30日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードUbuntuGitHub

広告

広告

写真で見るニュース

  • 「2020 トップセーフティピック+」という最高の安全評価を受けた北米マツダのCX-5(画像: マツダUSA発表資料より)
  • フィッシャープライスのバイリンガル知育玩具「バイリンガル・わくわくピアノ」。(写真:マテル・インターナショナル発表資料より)
  • 大丸芦屋店1階のリニューアルイメージ(大丸松坂屋百貨店発表資料より)
  • 研究グループが開発した世界最小のクロック回路を搭載したチップ写真(写真:東工大の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース