日経平均テクニカル:小幅続伸、長い下ヒゲで下値の堅さ確認

2019年7月12日 18:15

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*18:15JST 日経平均テクニカル:小幅続伸、長い下ヒゲで下値の堅さ確認
12日の日経平均は小幅続伸した。ローソク足は陰線だが長い下ヒゲを形成。ザラ場安値は200日線手前で下げ止まり、下値の堅さを確認した。一目均衡表では、昨日まで上昇していた転換線が横ばいとなった。大勢では3役好転後の強気地合いが継続しているが、短期的には上昇一服を示唆している。ボリンジャーバンドでは、ザラ場で+1σを下回ったが終値は2日連続で+1σを上回り、強気側をキープ。RSI(14日ベース)は62.86%(前日55.13%)と再び60%台に乗せ、こちらも買い手優位を確認する形となった。《FA》

広告

広告

写真で見るニュース

  • 第59回ルマン24時間耐久レース優勝車 マツダ787B(画像: マツダ許諾済み)
  • 重力レンズ効果を受ける前のクエーサー「MG J0414+0534」の本来の姿 (c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO), K. T. Inoue et al.
  • 太陽と地球と月。
  • (c) 123rf
  • 1054年の超新星爆発 SN1054 の超新星残骸である「カニ星雲」の写真。野本氏らが1982年に発表した論文では、SN1054は太陽の約9倍の質量の星が、電子捕獲を引き起こしたことで生じた超新星爆発であることを示唆しているが、今回の研究結果は、この特徴をシミュレーションからでも説明できることを示唆する。(c) NASA、ESA、J. DePasquale (STScI)、and R. Hurt (Caltech/IPAC)
  • パークウエィ26RE(有限会社オークラオートサービス使用許諾 http://www.okura-auto.co.jp/rw/album/ta13l/image/pw000003.jpg)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース