日経平均テクニカル:小幅続伸、長い下ヒゲで下値の堅さ確認

2019年7月12日 18:15

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*18:15JST 日経平均テクニカル:小幅続伸、長い下ヒゲで下値の堅さ確認
12日の日経平均は小幅続伸した。ローソク足は陰線だが長い下ヒゲを形成。ザラ場安値は200日線手前で下げ止まり、下値の堅さを確認した。一目均衡表では、昨日まで上昇していた転換線が横ばいとなった。大勢では3役好転後の強気地合いが継続しているが、短期的には上昇一服を示唆している。ボリンジャーバンドでは、ザラ場で+1σを下回ったが終値は2日連続で+1σを上回り、強気側をキープ。RSI(14日ベース)は62.86%(前日55.13%)と再び60%台に乗せ、こちらも買い手優位を確認する形となった。《FA》

広告

財経アクセスランキング