前日に動いた銘柄 part2 モブキャスト、DNAチップ研究所、ジャストプラなど

2019年7月12日 07:32

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*07:32JST 前日に動いた銘柄 part2 モブキャスト、DNAチップ研究所、ジャストプラなど
銘柄名<コード>⇒11日終値⇒前日比
コシダカHD<2157> 1532 -75
業績上方修正発表も出尽くし感が先行へ。

アウトソーシング<2427> 1363 -51
目立った材料なく戻り売りなどの需給要因か。

日本アクア<1429> 636 -24
高値圏で利食い売り圧力が強まる。

Gunosy<6047> 1803 -67
12日に決算発表を控えているが。

リソー教育<4714> 493 -7
第1四半期決算好感で10日に大幅上昇。

ポーラオルHD<4927> 2828 -141
JPモルガン証券では投資判断を格下げ。

ネオス<3627> 977 -22
株価1000円回復でいったん達成感も。

竹内製作所<6432> 1716 -52
第1四半期2ケタ減益決算を引き続き嫌気。

スルガ銀行<8358> 415 -7
戻り一服で信用買い方の手仕舞い売りも。

任天堂<7974> 41660 +1660
想定より早いタイミングで「Nintendo Switch Lite」の発売決定。

良品計画<7453> 19570 -450
市場想定を下振れて第1四半期は大幅減益決算に。

ユニファミマ<8028> 2630 -48
第1四半期の大幅増益決算を評価へ。

DNAチップ研究所<2397> 907+150
高感度検査法EGFRリキッドを開発と発表。

ビットワングループ<2338> 373 -43
ビットコイン価格伸び悩みで利食い売りも。

ヘリオス<4593> 1561 -150
ニコンとの業務・資本提携拡大発表も、新株予約権付社債など発行で希薄化懸念先行。

エヌ・ピー・シー<6255> 272 -22
19年8月期の第3四半期の営業利益は前年同期比32.8%減の2.96億円で着地。

GameWith<6552> 667 -70
20年5月期の営業利益予想は前期比23.7%減の6.16億円と発表。

ANAP<3189> 633 -84
19年8月期の営業利益予想を従来の3.56億円から1.30億円に下方修正。

シライ電子<6658> 339 +25
任天堂の新型機「Nintendo Switch Lite」が9月20日に発売で思惑も。

モブキャスト<3664> 361 +80
子会社が「エヴァンゲリオンシリーズ」のスマホゲームを2020年に配信予定と発表。

スタジオアタオ<3550> 1015 -300
20年2月期第1四半期の営業利益は前年同期比5.1%減の3.30億円で着地。

アズ企画設計<3490> 1343 -56
20年2月期第1四半期の営業損益は0.74億円の赤字(前年同期は0.76億円の黒字)着地。

シダックス<4837> 241 -7
20年3月期の営業利益予想を15.70億円と発表、減益見通しが嫌気される。

ジャストプラ<4287> 544 +9
Jリーグのファジアーノ岡山のホームスタジアムでPutmenu運用開始へ。《FA》

広告

写真で見るニュース

  • 発見されたビクラムの破片。(c) NASA/Goddard/Arizona State University
  • (c) 123rf
  • 前主系列星の進化の模式図。ガス雲の中心で赤ちゃん星(原始星)ができると、原始星に向かって落ち込む(降着する)ガスの一部は円盤(原始惑星系円盤)を作り、ガスが恒星表面に向かって公転しながら降着する。この時、中心星の近くにあるガスの一部は、双極方向のガス流として星間空間へ放出される。その後、原始惑星系円盤の中で惑星を形成する材料である微惑星と呼ばれる小天体が形成され、やがて、微惑星同士の合体によって惑星が形成される。(画像: 京都産業大学の発表資料より)
  • ポルシェ・タイカン
  • 「ネオトーキョー ミラーカム」。(画像:モジの発表資料より)
  • さんすて岡山飲食ゾーンのイメージ(JR西日本など発表資料より)
  • 使用されているスーパーコンピュータ(画像: IBMの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース