Fire TVでYouTubeが利用可能に Prime VideoアプリはChromecastに対応

2019年7月11日 20:11

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 Anonymous Coward曰く、

 Amazon.co.jpが7月9日、同社のセットトップボックス(STB)製品「Fire TV」シリーズ向けにYouTubeの公式アプリを提供されることを発表した。また、GoogleのChromecastにAmazon Prime Videoアプリが対応し、Chromecast対応デバイスからChromecast経由でTVへの映像出力が可能になることも明かされた(PC WatchITmedia)。

 AmazonとGoogleはそれぞれ競合関係にある動画配信サービスを手がけており、互いにハードウェア製品において競合となるそれらの動画配信サービスを利用できないようにしていたが、今年4月に両社が和解することが明らかになっていた(過去記事

 YouTube公式アプリが9日に提供されるのは、現在日本で販売しているFire TV Stick(第2世代)、およびFire TV Stick 4K。また、このアプリは2017年以前に発売したFire TV(第2世代、第3世代)、およびFire TV Stick(第1世代)向けにも、今後数カ月以内に配信される予定とのこと。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | ビジネス | ハードウェア | Google | インターネット | IT

 関連ストーリー:
GoogleとAmazon、STBを巡る争いで和解 2019年04月23日
Amazon、Chromecastの販売を再開 2018年12月18日
GoogleとAmazonのSTBを巡る争いは続く 2018年01月26日
Amazon、Apple TVやChromecastの取り扱いを再開 2017年12月20日
Google、Amazon.comが同社製品を扱わない報復としてFire TV経由でのYouTube視聴をブロックへ 2017年12月07日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード4KGoogleAmazonAmazon.co.jpChromeYouTubeAmazon Prime

広告

広告

写真で見るニュース

  • エコニコール製クッションが採用されたRobocar Walk(三井化学発表資料より)
  • 7月24日に発売されるKindle Oasisの新モデル。(画像: アマゾンジャパンの発表資料より)
  • トヨタ フォーチュナー  (画像:TOYOTA Motor Philippinesの発表資料より)
  • ヨドバシ梅田タワーのイメージ。(ヨドバシホールディングス発表資料より)
  • 「next cruiser EV」(画像: ブレイズの発表資料より)
  • 「Galaxy S10+ Olympic Games Edition」(画像: サムスン電子ジャパンの発表資料より)
  • 子供や初心者も安全に楽しめるスマートフェンシング(写真:大日本印刷の発表資料より)
  • 新型「N-WGN」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • ハーゲンダッツ トラベリングショップのイメージ。(画像:ハーゲンダッツジャパン発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース