ディズニー映画『ムーラン』ニキ・カーロ監督で実写化へ、中国人女優リウ・イーフェイ主演

2019年7月11日 12:54

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 ディズニーは、長編アニメーション映画『ムーラン』を、ニキ・カーロ監督で実写化する。全米公開は2020年3月27日(金)を予定しており、日本公開は未定。

■ディズニーの歴史を覆した“プリンセス”ムーランが実写化

 中国の女将軍で歌や伝説として語り継がれている『花木蘭』。古代中国を舞台に、父に代わって戦いに挑んだ娘ムーランの活躍を描いた物語だ。それをベースに1998年にディズニーがアニメ化したのが『ムーラン』だ。それ以前のディスニーにはない、プリンセスがヒーローのような役割を果たした作品であり、ディスニー映画で初めて、アジア人女性を主人公にした作品でもある。

■ニキ・カーロが監督、主人公はリウ・イーフェイ

 監督を務めるのは、『ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命』でもメガホンを取ったニキ・カーロ。また、主役のムーラン役には、中国人女優のリウ・イーフェイが起用される。

リウ・イーフェイは、連続ドラマ『華の家族』でデビューを果たし、2007年の米中合作映画『ドラゴン・キングダム』ではヒロインの金燕子を演じハリウッドデビューを飾った。彼女が戦う“プリンセス”をどう演じるのか期待が高まる。

また、皇帝役を演じるのは、映画『少林寺』がデビュー作である中国の舞踏家であり俳優であるジェット・リー。さらに、実写版オリジナルキャラクターとして登場するタン司令官をドニー・イェンが演じる。

【詳細】
映画『ムーラン』
原題:Mulan
全米公開:2020年3月27日(金)
※日本公開未定
監督:ニキ・カーロ
出演:リウ・イーフェイ、ジェット・リー、ドニー・イェン、ジェイソン・スコット・リー

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワードディズニームーラン

広告