NY原油:大幅続伸で60.43ドル、需給ひっ迫や米利下げ観測で

2019年7月11日 07:33

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*07:33JST NY原油:大幅続伸で60.43ドル、需給ひっ迫や米利下げ観測で
NY原油先物8月限は大幅続伸(NYMEX原油8月限終値:60.43 ↑2.60)。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物8月限は前日比+2.60ドルの60.43ドルで通常取引を終えた。時間外取引を含めた取引レンジは58.35ドル−60.53ドル。米エネルギー情報局(EIA)が10日発表した週間在庫統計で原油在庫の減少幅が予想を大きく上回ったことや、米7月利下げへの期待が高まったことが原油先物の上昇につながった。なお、利下げについては0.50ポイント幅になるとの思惑が広がっており、原油先物市場でも材料視されていたようだ。《CS》

広告

広告

写真で見るニュース

  • コンチネンタルタイヤのアプリと連動する新タイヤ(画像:Continental AG発表資料より)
  • カローラ スポーツ HYBRID G“Z”(2WD)、カローラ ツーリング HYBRID W×B(2WD)、カローラ HYBRID W×B(左から、いずれもオプション装着車)(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • AI搭載の小型汎用ロボット「ZUKKU」を活用した健康増進プログラムのイメージ。(画像: ハタプロ発表資料より)
  • 中性子星と発せられたパルサーの想像図 (c) B. Saxton (NRAO/AUI/NSF)
  • 第2ターミナルの内部。(画像: 中部国際空港の発表資料より)
  • ケニアでの実証実験に使われる産業用無人ヘリコプター「フェーザーR 
G2」(画像:ヤマハ発動機の発表資料より)
  • 季節に合わせたタイヤ選びが重要
 

広告

ピックアップ 注目ニュース