Google Playから削除された人気アプリの偽物、Google Playに登場

2019年7月10日 21:08

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 headless曰く、

 ESETのLukas Stefanko氏によると、4月にGoogle Playから削除された人気ファイルマネージャーアプリ「ES File Explorer」の偽物がGoogle Playに登場していたそうだ(Stefanko氏のツイートSoftpedia)。

 偽物は広告を表示するためだけのアプリで、ファイルマネージャーとしては機能しないという。インストールすると本物らしく見せるためかユーザー登録画面を表示する一方で、登録フォームへの入力中にもフルスクリーンの広告を次々に表示するそうだ。少なくとも10日以上は気付かれずに公開されていたとみられ、1万回以上ダウンロードされている。ただし、Stefanko氏が最初にTwitterで指摘してから数時間のうちに削除されたようだ。

 スラドのコメントを読む | セキュリティセクション | セキュリティ | ソフトウェア | 広告 | Android

 関連ストーリー:
ES File Explorerなどが規約違反としてGoogle Playから削除される 2019年05月08日
Google Playで公開されている偽アプリ、1割以上にマルウェアの疑いがあるとの調査結果 2019年06月28日
「Call of Duty: Mobile」の偽物、Google Playに登場 2019年05月19日
Google Playで発見されるマルウェア、インストール件数は水増しされている? 2018年11月25日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードGoogle Play

広告

広告

写真で見るニュース

  • N-WGN(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • シフォン・G スマートアシスト(画像: SUBARUの発表資料より)
  • 画像はイメージです。
  • 「JALマイレージバンク ワールドマーケットプレイス」の画面イメージ。(画像: 日本航空の発表資料より)
  • 日産の新型「スカイライン」。(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • 「ホカロン ルナ」(画像: ロッテの発表資料より)
  • 2018年4月25日に公開された詳細な銀河系の立体地図 (c) ESA
  • ブランチ札幌月寒のイメージ(画像: 大和リース発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース