Microsoftアカウント、2年以上サインインしないと削除の可能性

2019年7月9日 07:45

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 headless曰く、

 Microsoftが1日付で公開したサポートドキュメントによると、Microsoftアカウントが非アクティブとみなされるまでの期間が短縮されるようだ(Microsoft account activity policyNeowinWindows Central)。

 Microsoftサービス規約(MSA)ではMicrosoftアカウントをアクティブな状態に保つようユーザーに求めており、少なくとも5年に1回はサインインしなければ非アクティブとみなされることが明記されている。非アクティブとみなされたMicrosoftアカウントはMicrosoftにより停止(削除)されることになる。なお、Outlook.comの受信トレイおよびOneDriveについては少なくとも年に1回は個別にサインインする必要がある。

 一方、新しいアカウントポリシーでは、少なくとも2年に1回サインインしなければ非アクティブとみなすと記載されている。ただし、そのMicrosoftアカウントで現行のMicrosoft製品・サービスを購入したことがある場合や、有効なサブスクリプションがある場合、Microsoft Storeでアプリを公開している場合などは例外で、2年以上サインインしなくても非アクティブとはみなさないとのこと。このアカウントポリシーは8月30日に発効する。

 スラドのコメントを読む | セキュリティセクション | セキュリティ | マイクロソフト | インターネット

 関連ストーリー:
GoogleアカウントでのWindows 10ログイン、実現なるか 2018年09月02日
再利用や共有、パターンなどが複雑なパスワードを台無しにする 2017年03月14日
MySQL 5.7.4で導入された「パスワードの有効期限」設定にご注意を? 2015年06月09日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードMicrosoftWindowsサブスクリプション

広告

広告

写真で見るニュース

  • Disk画像の一例 (c) NASA
  • AI画像診断支援ソリューション画面例(画像: NTTデータの発表資料より)
  • カングーイラスト入りマカロン「マカロンデー×ルノー スペシャルパッケージ」(画像: ルノー・ジャポンの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース