【注目銘柄】ジーニーは積極的な中期経営計画を追撃材料に急騰、特性再現期待を高め反発

2019年7月2日 15:00

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

 ジーニー<6562>(東マ)は、前日1日に8円高の580円と4営業日ぶり反発して引け、取引時間中には615円まで買われる場面があり、ストップ高を交えてつけた6月26日の直近高値665円を強く意識した。6月28日に公表した中期経営計画が買い手掛かりとなっており、同計画の最終年度の2022年3月期の目標売上高が今2020年3月期予想比で6割増、売上総利益が2.3倍を想定していることが、業績、株価の高成長期待を高めた。同社株は、好材料が出現するたびに今年3月には2日連続のストップ高、今年6月もストップ高と急騰特性を発揮しており、再現を催促する動きにつながっている。

■最終年度の2022年3月期の売上総利益は今期予想比2.3倍と高成長

 同社の中期経営計画では、最終年度の2022年3月期の業績目標を売上高250億円、売上総利益60億円、営業利益と減価償却費、のれん償却費を合算したEBITDAを30億円超と策定した。今2020年3月期業績は、売上高155億7000万円(前期比4.1%増)、売上総利益25億9000万円(前期比33.1%増)、EBITDAを3億5900万円(前期比1789.9%増)と予想しており、最終年度には、売上高が今期予想比60%増、売上総利益、EBITDAはそれぞれ今期予想比2.3倍、8.3倍と高成長する。

 この高成長に向けて、今期は、事業ポートフォリオのマネジメントを強化し、事業フェーズ毎の経営判断を適切に下しつつ、マーケティング領域の各プロダクトのクロスセルを積極展開、さらには、執行役員制度を活用し事業責任者へ権限を委譲し、組織体制の効率化に重点的に取り組んでいく。また、交通広告や屋外広告などの自宅以外の広告メディアのOOH領域にも進出し、この高成長を取り込む。また、アジアのインターネット広告市場は、国内市場以上の急成長が予測されており、クロスボーダー広告配信サービスを強化、拡大させていく。

■ストップ高でつけた直近高値665円抜けから年初来高値奪回を目指す

 株価は、タクシー配車サービス向け広告配信プラットフォームの運用開始や「GenieeSSP」での不正広告検知機能開発などの好材料が相次ぎ、今年3月には2日連続のストップ高を交えて年初来高値831円まで買い進まれたが、度重なる世界同時株安の波及で下値を探り、491円安値まで調整した。同安値後は、売られ過ぎとして底上げ、25日移動平均線を出没する値固めを続けてきたが、6月26日にByteDance社(東京都新宿区)が、新規提供するモバイルアプリ向け広告配信システム「TikTok Audience Network」と連携を開始すると発表して再度、ストップ高となり665円高値まで上昇し、スピード調整となった。中期経営計画を追撃材料に急騰特性の再現期待を高め、直近高値の665円抜けから年初来高値831円奪回を目指そう。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
ヒーハイスト精工は調整一巡して反発期待、19年3月期2Q累計減益だが進捗率順調(2018/11/15)
プロレド・パートナーズは、18年10月期大幅増益で成長続く、7000円割れを下値に上値試す(2018/11/01)
ラ・アトレは出直り期待、18年12月期利益・配当予想を上方修正(2018/11/15)
リーガル不動産は総合不動産開発企業として業容拡大、下値に買い入る(2018/10/31)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • N-WGN(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • シフォン・G スマートアシスト(画像: SUBARUの発表資料より)
  • 画像はイメージです。
  • 「JALマイレージバンク ワールドマーケットプレイス」の画面イメージ。(画像: 日本航空の発表資料より)
  • 日産の新型「スカイライン」。(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • 「ホカロン ルナ」(画像: ロッテの発表資料より)
  • 2018年4月25日に公開された詳細な銀河系の立体地図 (c) ESA
  • ブランチ札幌月寒のイメージ(画像: 大和リース発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース