国際 RSS

 

GAFAは独占禁止法訴訟対策をMicrosoftから学ぶべき

2019年6月28日 13:13

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 Anonymous Coward曰く、

 米連邦取引委員会などは、Google、Amazon.com、Facebook、Apple(GAFA)は独占禁止法に違反している可能性があると考えている。司法省による介入も検討されていると報じられている。いっぽう、Microsoftは現在もPC向けOS市場の約90%を独占しているにも関わらず、大手IT企業の中で当局に唯一マークされていない。Bloombergは、Microsoftの失敗と対策がGAFAへの「教訓」になるとしている。

 MicrosoftはOS市場には競争力があると主張した。これにあわせ、ライバルとなるLinuxの利益のためにMicrosoft従業員に対するマーケティングの機会を提供したと話す動画なども提供した。一方失敗例としては、20時間に及ぶ公聴会でのビル・ゲイツ氏の姿がある。録画テープの一部は公開され攻撃材料になった。攻撃的な弁護士を選んだことも失敗だった。結果としてMicrosoft分割が命じられた。これは控訴栽培所での和解で回避されたが、ほぼ一様にMicrosoftは失敗したと報じられた。

 米国政府の最新の独占禁止法に対処するには、より和解的なスタイルの最高弁護士を雇うべきだろう。すでにGoogleは議会への出頭を拒否したことがあり、議員たちの怒りを募らせている。一方、ジェフ・ベゾスは戦いを恐れず対処している。また、マーク・ザッカーバーグはMicrosoftを反面教師にしつつ対策を取っているとされる(SFGATESlashdot)。

 スラドのコメントを読む | アップルセクション | ビジネス | Google | マイクロソフト | Facebook | アップル | アメリカ合衆国

 関連ストーリー:
米国でもGAFAに対する監視や規制を強化する動き 2019年06月06日
Mozilla、Windows RT ではサードパーティ製ブラウザを事実上ブロックしていると批判 2012年05月14日
Appleと出版大手5社、独禁法違反の疑いで提訴される 2012年04月13日
Appleに独占禁止法違反の疑い、数日中にも調査開始? 2010年05月06日
Googleブック検索和解案に対して、米司法省の独禁法調査開始か 2009年05月01日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードFacebookGoogleAppleAmazonMicrosoftビル・ゲイツマーク・ザッカーバーグLinux独占禁止法ジェフ・ベゾス弁護士

広告