SpaceX、打ち上げたロケットのフェアリングキャッチに初めて成功

2019年6月28日 08:29

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 headless曰く、

 SpaceXは25日、Falcon HeavyロケットによるSPT-2(DoD Space Test Program-2)の打ち上げミッションをケネディー宇宙センターLC-39Aで実施した(NASAの公式ブログWebキャスト動画プレスキットPDF)。

 SPT-2は米空軍の宇宙ミサイルシステムセンター(SMC)が政府機関や民間組織と提携して実施されたもので、空軍研究所のDemonstration and Science Experiments(DSX)衛星やNOAAの観測衛星コンステレーションCOSMIC-2(NOAAのプレスリリースにはケープカナベラルからの打ち上げと記載されている)、NASAの4つの実験機器などを含む合計24機の宇宙機を3つの異なる軌道に投入するというミッションだ。今回の打ち上げでは4月のArabsat-6Aミッションで使用・回収されたサイドブースターが再使用された。

 打ち上げが行われたのは東部夏時間25日2時30分。打ち上げ後順次ペイロードを予定軌道に投入していき、3時間34分後には最後のペイロードとなるDSXを予定軌道に投入して打ち上げは成功した。2基のサイドブースターはケープカナベラル空軍基地のLZ-1とLZ-2に着陸し、回収に成功した。一方、センターコアは大西洋上のドローン船「Of Course I Still Love You」への着陸時に爆発し、回収は失敗した。イーロンマスク氏は、今回センターコアの回収に成功する確率は50%ぐらいだとツイートしていた。

 SpaceXではキャッチャーボート「Mr. Steven」によるフェアリングキャッチたびたび挑戦しており、ヘリコプターからフェアリングを落としてキャッチする練習もしているが、イーロン・マスク氏のツイートによると今回初めて成功したそうだ。なお、ボートの名前は「Ms. Tree」となっているが、特に説明はないようだ。元々マスク氏はMr. Stevenの名前は適当だと述べており、単に名前を変更しただけだとみられている。

 スラドのコメントを読む | サイエンスセクション | 軍事 | 宇宙 | スポーツ | アメリカ合衆国

 関連ストーリー:
SpaceXのStarlink衛星の光害を示す天文写真が撮影される 2019年06月11日
ドローン船上で回収されたFalcon Heavyのセンターコアブースター、荒波にもまれて倒れる 2019年04月19日
Falcon Heavyロケット第1段、3基のブースターすべてを回収成功 2019年04月13日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードNASAドローンロケットSpaceXイーロン・マスク

広告

財経アクセスランキング