リック・オウエンス、2020年春夏メンズ発表 母方のルーツ“メキシコ”を辿って

2019年6月26日 07:31

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 リック・オウエンス(Rick Owens)は、2020年春夏メンズコレクションを、2019年6月20日(木)にフランス・パリのパレ・ド・トーキョーにて発表した。

■親族のルーツを辿る“メキシコ”がテーマ

 デザイナーのリック・オウエンスの祖母の旧姓からネーミングをとった今季のコレクション「TECUATL」。母方のルーツである、メキシコをテーマにコレクションを展開した。会場の中央には、アーティストのTHOMAS HOUSEAGOの彫刻を設置。その周りには“国境の壁”をイメージした象徴的なランウェイを用意し、メキシコを取り巻く現状と重ね合わせた。

■パワーショルダーや金属的表現で力強く

 直線的なロングジャケットは、パワーショルダーによってフィジカルな力強さを感じさせる仕上がりに。また、独自開発した薄く軽量な生地で仕立てたジャンプスーツやパンツ、レザージャケットには、ファスナーやスナップなど、金属的なパーツを多用することで、ソリッドな表情を生み出している。

■神秘的な輝き

 モノトーンを基調としたルックの中に差し込まれた、きらびやかなウェアも印象的。日光を受け様々な色に輝くアイリスカラーのロングコートやパンツは、幻想的なオーラを放つ。古くのメキシコで栄えた「アステカ」を象徴する、ゴールドのスパンコールで飾ったコートを羽織ることで、輝きがより神秘性を増していく。

 また、継続的に展開されている、バッグを配したアウターにもアイリスカラーが採用されている。

■シューレースやパッチワークによる抽象的なモチーフ

 目を引いたのは、シューレースを幾重にも巻き付けたような、抽象的なディテール。ロングジャケットに合わせたブラックのパンツは、地の色が見えなくなるほどに白いシューレースがあしらわれている。同様のディテールは、ショートパンツやブーツにもあしらわれ、アイテムにエッジを効かせた。また、シャツやフーデッドコートには幾何学的なピラミッドモチーフをパッチワーク。平面的な表現ながら、服に立体感を演出し、スペクタクルに見せている。

■チャンピオンやヴェジャとコラボ

 70年代に、リックのメキシコの親戚がよく着ていたチャンピオン(Champion)とコラボレーション。メッシュで仕立てたチュニック「トガ」やロインクロス、ブリーフといったプリミティブなウェアに加え、Tシャツやスウェットなども揃える。その他、エコフレンドリーなスニーカーブランド・ヴェジャ(VEJA)とコラボレーションした、グレーのアシンメトリーなスニーカーや、全米農業労働者組合(UNITED FARM WORKERS ASSOCIATION)のロゴを配したTシャツも登場した。

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワードコラボレーションリック・オウエンス(RICK OWENS)スニーカー2020年春夏コレクション

広告

広告

写真で見るニュース

  • 新開発の油冷エンジンを搭載した「ジクサー SF 250」(画像: スズキの発表資料より)
  • ミズー川崎水族館のイメージ(住商アーバン開発など発表資料より)
  • ビル警備の実証実験に使われるAIロボット「ugo」(画像は大成の発表資料より)
  • 新型レヴォーグのプロトタイプ(画像: SUBARUの発表資料より)
  • アルマ望遠鏡で撮影された2つの分子雲の疑似カラー合成図。赤色と緑色がそれぞれ、速度が異なる一酸化炭素の同位体分子13COからの電波を表す。左図の青色はハッブル宇宙望遠鏡により観測された水素電離ガスの分布を示し、右図の青色は波長1.3ミリメートル帯の濃いガスに含まれる塵からの電波を示す。2領域とも、フィラメントが集合している「かなめ」(図で青色に示している部分)の位置に大質量星が存在する。(c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO)/Fukui et al./Tokuda et al./NASA-ESA Hubble Space Telescope)
  • 「シビック ハッチバック」と「シビック セダン」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 11月29日に開業するブランチ大津京(大和リース発表資料より)
  • スイフトの特別仕様車「HYBRID MGリミテッド」(画像: スズキ発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース