パナソニック、後付け可能なミスト式冷却機発売 極微細で濡れ感なくす

2019年6月25日 17:11

小

中

大

印刷

スタジアムへの設置イメージ(パナソニック発表資料より)

スタジアムへの設置イメージ(パナソニック発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

  • フレキシブル施工ができるミストユニット(パナソニック発表資料より)

 パナソニックは25日、暑熱対策として既設構造物などに容易に後付け設置が可能な、極微細ミスト式冷却機「グリーンエアコンFlex」を9月下旬より発売すると発表した。

【こちらも】パナソニックと積水樹脂、街中で夏場の暑さを和らげるシステムを開発へ

 「グリーンエアコンFlex」は、独自開発の2流体ノズルから、10ミクロン以下の極微細ミストを噴霧し、ミストが到達する1.5メートルの範囲を気化熱で冷却する。ミストは、粒径が極小のため、60センチの近傍からの噴射でも濡れ感がなく、快適に使用できるとしている。

 身体への直接噴霧を想定した60センチ位置での体感温度(SET値)は、4度も低減できる。その特徴を最大限に活かすため、自由度の高い後付け施工ができる構造とし、大人だけなく、児童、車いす利用者に合わせた噴霧位置の設計により、酷暑対策のできる屋外環境を作り出せるようにした。

 グリーンエアコンFlexは、ミストを噴射するノズルユニットと、制御・駆動機器を内蔵した機器ボックスで構成される。ノズルユニットの配管はフレキシブルな樹脂製配管のため、ベンチやパーゴラ、屋外建物などに種々の形態で設置できる。また給水は、水道直結だけでなく、外部タンクを使用した水道水給水にも対応しており、仮設のイベント会場などへの利用も可能としている。

 パナソニックでは、2016年8月より極微細ミストシステムの実証実験を開始し、2019年4月にはドーム状の冷却空間を形成する「グリーンエアコン」を発売している。今回は、フレキシブル施工ができるノズルユニットを追加することで、グリーンエアコンFlexをラインアップした。グリーンエアコンFlexは7月中旬より葛飾区と共同で実証実験が行なわれる。

関連キーワードパナソニック

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • 新開発の油冷エンジンを搭載した「ジクサー SF 250」(画像: スズキの発表資料より)
  • ミズー川崎水族館のイメージ(住商アーバン開発など発表資料より)
  • ビル警備の実証実験に使われるAIロボット「ugo」(画像は大成の発表資料より)
  • 新型レヴォーグのプロトタイプ(画像: SUBARUの発表資料より)
  • アルマ望遠鏡で撮影された2つの分子雲の疑似カラー合成図。赤色と緑色がそれぞれ、速度が異なる一酸化炭素の同位体分子13COからの電波を表す。左図の青色はハッブル宇宙望遠鏡により観測された水素電離ガスの分布を示し、右図の青色は波長1.3ミリメートル帯の濃いガスに含まれる塵からの電波を示す。2領域とも、フィラメントが集合している「かなめ」(図で青色に示している部分)の位置に大質量星が存在する。(c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO)/Fukui et al./Tokuda et al./NASA-ESA Hubble Space Telescope)
  • 「シビック ハッチバック」と「シビック セダン」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 11月29日に開業するブランチ大津京(大和リース発表資料より)
  • スイフトの特別仕様車「HYBRID MGリミテッド」(画像: スズキ発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース